« ワイルド・タウン/英雄伝説 | トップページ | アウト・オブ・タイム »

私立ガードマン 全員無責任

元警官のフランク(ジョン・キャンディ)と元弁護士のノーマン(ユージン・レヴィ)によるガードマンコンビは、警備先の強盗事件に組合のボスが関係していることに気づき、その陰謀を暴こうと奮闘する模様を描いた痛快ドタバタコメディー。

全く正反対の二人の個性をユニークに描く。バディムービーによくありがちな凸凹コンビであるが、それが何と言っても愉快だ。彼らの話術をはじめ、笑いを誘う演出をふんだんに散りばめている。

アクション映画としての見せ場作りも完璧である。カーチェイスや銃撃戦も良いが、ラストの爆破シーンは迫力を増大させ、その醍醐味を十分に堪能させてくれる。

本作は、デビューして間もない頃のメグ・ライアンが出演している。初々しい演技だが、元気よく頑張っており、とても印象的である。

笑い、アクション、シンプルなストーリーと言ったいかにも娯楽映画らしい作品であり、出来ばえも良い。

私立ガードマン 全員無責任 DVD 私立ガードマン 全員無責任

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2005/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ワイルド・タウン/英雄伝説 | トップページ | アウト・オブ・タイム »

外国映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/1028436

この記事へのトラックバック一覧です: 私立ガードマン 全員無責任:

» 私立ガードマン 全員無責任 [ゴネの独り言。]
出演:ジョン・キャンディ、ユージン・レヴィ、メグ・ライアン  他 監督:マーク・L・レスター 原題:Armed and Dangerous    1986年 アメリカ うむー・・・なんとも云えぬ駄作ですな~。 だって、主人公がイケテナイ。汚職の罪をきせられた人の良い元警官と、交渉ひとつまともに出来ないヘタレ弁護士なんだもん。しかも、かっこよくないし。その2人が、いいかげんな警備会社に再就職して、事件に巻き込まれて~・・・ってお話なんですよ。 あ、でもね、悪徳警官役とかには、けっこういい男を配してたか... [続きを読む]

受信: 2006年3月15日 (水) 15時39分

« ワイルド・タウン/英雄伝説 | トップページ | アウト・オブ・タイム »