« ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン | トップページ | 黒いジャガー/シャフト旋風 »

ストリート・オブ・ファイヤー

女性シンガーのエレン(ダイアン・レイン)はライブ中にアウトロー軍団“ボンバーズ”に拉致される。エレンの元彼で流れ者のトム(マイケル・パレ)は、報酬を目当てに数人の仲間を連れてエレンの救出に向う。

冒頭からライブで歌うシーンが映し出される。ノリの良いビートに酔いしれ、ゴキゲンな感じにさせられる。他にも数曲のロックナンバーが効果的に使用されているが、その映像はミュージックビデオさながらの仕上がりである。

アクションシーンも迫力的であり、見る者をスカッとさせるほどパワフルかつ勢い良く描かれている。終盤でトムとボンバーズのボスであるレイヴェン(ウイレム・デフォー)が殴り合う格闘シーンは男臭さを存分に醸成し、ウォルター・ヒル監督ならではの演出に納得ができる。

ロックとアクションの二大要素が巧く絡み合った大人のためのおとぎ話である。

ストリート・オブ・ファイヤー DVD ストリート・オブ・ファイヤー

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン | トップページ | 黒いジャガー/シャフト旋風 »

外国映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
この作品大好きです。
出てくる人物が皆、痛快ですよね。(^^)

投稿: laerl38 | 2006年9月13日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/2808428

この記事へのトラックバック一覧です: ストリート・オブ・ファイヤー:

» DVD「ストリート・オブ・ファイヤー」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
80年代の映画って大好き!ちょうど、私が映画を沢山観るようになったときの時代。何回も観たけど、やっぱり大好きでDVD購入した作品を見直して感想書きます! ロックスターのエレン(ダイアン・レイン)が、悪たれグループ ボンバーズ(ウィレム・デフォーがボス)...... [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金) 04時52分

» ストリート・オブ・ファイヤー [映画、言いたい放題!]
随分前はテレビでよくやっていたのですが 最近は全然やりませんねぇ。 公開されたのは1984年。 主演のマイケル・パレはともかく ダイアン・レイン、リック・モラニス、 ウィレム・デフォーと なかなか良さ気なキャストだと思うのですが やっぱり昔とは違うのでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 23時07分

» 無類に映画しています! 青春アクションここに極まれり! [輝ける映画のときめき]
全編に響き渡るロックの爽快感。ロックンロールそのものの持つ獣性。アナーキズムの快感。青春の無秩序の躍動感。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 08時39分

« ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン | トップページ | 黒いジャガー/シャフト旋風 »