« 地獄の変異 | トップページ | 死神の骨をしゃぶれ (超犯罪ハイクライム) »

デス・レース2000年

独裁国家となった2001年のアメリカを舞台に、年に一度だけ開催される国民的イベント“デス・レース”を描いたカー・アクション映画。

“デス・レース”のルールそのものがとにかく乱暴すぎる。それは、単なる大陸横断のカー・レースではあるが、街を歩く人々を轢き殺すとポイントが加算されるといった狂気に満ちたシステムが導入されている。まさに殺人レースである。

そんな狂気なレースに参加するのは、黒いマントと黒いライディングスーツに身を包んだ覆面レーサー、フランケンシュタイン(デヴィッド・キャラダイン)ら五名のレーサーである。その中には、フランケンシュタインに対し敵対心を剥き出すマシンガン・ジョーという男がいる。演じているのはシルベスター・スタローンである。当時のスタローンは無名であり、『ロッキー』(76)で頭角を現す数ヶ月前である。初々しい姿が印象に残る。

各レーサーが乗り回すスポーツカーも強烈なインパクトを与える。奇抜の度が過ぎたデザインは、不気味な雰囲気を醸成させる。そんな車が次々と人を轢き殺し、モンスター・カーらしさを最大に発揮している。そういったシーンをコメディータッチでコミカルに描いており、その点に関しては気分を悪くする人も少なくはないだろう。また、隙が多いためにチープな映像となっているが、爆破シーン等の迫力を感じさせる描写を盛り込むことによってカバーされている。

狂気に満ち溢れた漫画チックな作品である本作は、3年後に続編『DEATH SPORT』が製作された。しかし、日本では劇場公開されず、ビデオ販売やTV放映さえされていない。

デス・レース2000 DVD デス・レース2000

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2001/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 地獄の変異 | トップページ | 死神の骨をしゃぶれ (超犯罪ハイクライム) »

外国映画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/3979021

この記事へのトラックバック一覧です: デス・レース2000年:

« 地獄の変異 | トップページ | 死神の骨をしゃぶれ (超犯罪ハイクライム) »