« 死神の骨をしゃぶれ (超犯罪ハイクライム) | トップページ | バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記 »

アリゲーター (1980)

ある男がペットであるワニの子供をトイレに流してから十二年後、成長したワニは、下水道の中でひっそりと棲み付いている。ある研究所職員が成長ホルモン剤に汚染された犬の死骸を下水道に棄て、それを食したワニは、薬品の副作用によって巨大化する。巨大ワニが地上に出現し、町中が大パニックとなる。

『ジョーズ』(75)の影響を受けたモンスター系パニック作品の一つである。ボートから海に落ち込んだ警官を襲うシーンは、描き方も音楽も『ジョーズ』を意識していることがわかる。科学薬品に汚染されたモノを食して異常化するという設定は、この手の作品ではお約束通りとなっている。巨大ワニが地響きを立ててマンホールから飛び出し、人を食ったりするシーン等は特撮怪獣映画の要素が含まれている。さらに、爆破シーンも取り入れたりとアクション映画の面白さまで加味されている。面白さを追求し、工夫が施されている点が良い。

巨大ワニと戦うロバート・フォスター扮する刑事、ヘンリー・シルヴァ扮するおかしな猛獣ハンター、ロビン・ライカー扮する爬虫類学者といったキャラクターのユニークな個性をしっかりと描いている点も面白くて良い。

B級映画と呼ぶに相応しい内容であるが、娯楽映画の面白さを存分に味わえる作品である。

アリゲーター DVD アリゲーター

販売元:キングレコード
発売日:2006/03/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 死神の骨をしゃぶれ (超犯罪ハイクライム) | トップページ | バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記 »

外国映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/4178598

この記事へのトラックバック一覧です: アリゲーター (1980):

« 死神の骨をしゃぶれ (超犯罪ハイクライム) | トップページ | バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記 »