« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年3月

シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ

若い8名の軽犯罪者たちは、減刑を条件に廃ホテルの修繕という労働ボランティアをすることになる。だが、そこには巨体の異常な殺人鬼、ジェイコブ(ケイン)が潜んでいた。彼はチェーン付きの肉鉤や斧を片手に次から次へと若者たちに襲いかかる。

アメリカの人気プロレス団体WWEの人気レスラー、ケインがザ・ロックに続いて銀幕で主演を務めたのである。スキンヘッド、巨体、不気味な目つき、怪力、異常すぎる残酷行為といったインパクトの強すぎる殺人鬼をうまく演じきったのである。劇中でチョークスラムを披露したりとレスラーとしてのケインを垣間見ることもでき、彼の特徴をキャラクターにしっかりと活かされている点も良い。それがジェイコブの恐ろしさを倍増させているといっても良いだろう。

ジェイコブは少年時代のある出来事がトラウマとなり、目に異常なほどの執着心を持ち、人の眼球を抉り抜いては集めている。眼球を抉り抜くシーンは強烈すぎるおぞましさを感じさせ、他の残虐シーンも血生臭さと痛々しさが全開で描かれている。また、舞台となる廃ホテル内にはネズミやゴキブリ、ハエが大量に発生しており、ジェイコブによる残酷さや恐怖感と同時に不快感すら覚えてしまう。

結果的に言えば、悪趣味という一言がお似合いの後味の悪さが残るB級スプラッター系ホラー作品である。

シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ デラックス版 DVD シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年6月 »