« ごろつき | トップページ | スーパー・ガン (ブラック・ガン) »

スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい

人気マジシャンのエース(ジェレミー・ピヴェン)はギャングたちに気に入られたことで渡世に足を踏み入れたが、派手に振舞いすぎたことによってピンチ状態に陥る。そんな折、エースはFBIから大物ギャングを逮捕するべく証人として司法取引を行う決断を迫られる。ギャングたちはこれを黙って目を閉じるわけにはいかないということでエースの首に多額の賞金を懸け、それを目的としたスゴ腕の殺し屋たちが世界中から集い、タホ湖畔のホテルの最上階に潜伏しているエースを狙ってやって来る。だが、そこにFBIも加勢したことにより壮絶な攻防戦が繰り広げられる。

登場人物が多いことが特徴の一つである。色々な意味で個性的なキャラクター設定はケレン味のある面白さが良い。個性的なのは劇中のキャラだけを言っているのではなく、それらを演じているキャストにも言える。ジェレミー・ピヴェン、ベン・アフレック、アンディ・ガルシア、レイ・リオッタ、ライアン・レイノルズ、人気R&Bシンガーのアリシア・キーズ(本作で映画デビュー)、ラッパーのコモンといったバラエティーに富んだ豪華キャスティングは実に魅力的であり、作品に華やかさを存分に彩っている。劇中での人物関係が複雑化していることによってストーリーをもやや複雑化させてしまい観る者をややこしくさせているのが難点だ。

衣装、セット、照明が活かされたことによってスタイリッシュな雰囲気を醸成した映像へと仕上がっており、随所に痛々しくて血生臭い残酷なバイオレンス描写が散りばめられている。この点は、最近のクライム作品の傾向である。

スピーディーでアップテンポな展開やハードなアクションとバイオレンスはまさにハイテンションと呼ぶに相応しい。特に終盤で観られるホテル内での大銃撃戦は本作の最大の見せ場となり、迫力満点で見応えも抜群のシーンとなっており、これが作品をハイテンションからクレイジーへと変貌させたのである。この見せ場以前からすでにイカれ気味だったが、そのヴォルテージを全開にしてしまったのだ。

とにかく漫画チックでケレン味のある演出が本作の持っている面白さである。“ハイパー”、“ハイテンション”、“クレイジー”という形容が相応しいと言えるバイオレンスアクション・エンターテイメント。ストーリーや複雑な人物関係はあまり気にせず、狂気でいっぱいのアクションとバイオレンスを存分に堪能すべきだ。

スモーキン・エース DVD スモーキン・エース

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007/09/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ごろつき | トップページ | スーパー・ガン (ブラック・ガン) »

外国映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。TBありがとうございます。
殺し屋達の個性豊かなキャラは楽しかった。
登場人物が多いのにポンポン話が進むので最初はアセリましたがw

投稿: もじゃ | 2007年7月22日 (日) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/7184425

この記事へのトラックバック一覧です: スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい:

» #78.スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい [レザボアCATs]
やっぱり、“タランティーノ風味の”とか、“ガイ・リッチーテイストな”なんていう枕詞がついたら、鼻の先にエサをぶらさげられた犬みたいに、その方向に風向きを持っていってしまうのね。んでもって、こういう、ド派手なクライム・サスペンスが、時々観たいのね、やっぱ。... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 20時59分

» 映画レビュー「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
◆プチレビュー◆まさに先読み不能!タランティーノやガイ・リッチーが好きな人なら、必ずハマる。小品ながら豪華キャストのハイパー・アクション・ムービーだ。 【65点】 マフィアの真似事をして失敗、窮地に陥ったマジシャンのエースが、大物を逮捕するべく証人として....... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 22時02分

» ★「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」 [ひらりん的映画ブログ]
ちょっと続いてたコメディ・シリーズもおしまーーい。 今回はたぶんB級なサスペンス・・・ [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 22時59分

» スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
久しぶりにこんな”吹っ飛びアクション映画”を観たような気がする!正直イカれてます! 評価:★7点(満点10点) 2007年 108....... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 23時21分

» あいつの心臓を奪え! [CINECHANの映画感想]
140「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」(アメリカ)  ラスベガスの人気マジシャン、バディ〝エース〟イズラエルは裏社会のギャング達と付き合ううち、自らもマフィアの真似事を始める。しかし、素人の彼の参入は裏社会に大混乱を起こし、更にエースは逮捕され、FBI副長官のスタンリー・ロックと、ギャング達の情報と引き換えに司法取引に応じようとしていた。  それに怒ったマフィア〝コーザ・ノストラ〟のボス、プリモ・ストラッザはエースの心臓に100万ドルの報奨金を出す。その噂を聞きつけた世界中の殺...... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 00時15分

» スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(映画館) [ひるめし。]
ターゲットは1人―報酬100万ドル 殺すのは誰だ!? [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 10時56分

» 【 スモーキン・エース / 暗殺者がいっぱい 】 [もじゃ映画メモメモ]
プロの殺し屋とFBIらが賞金の懸かった標的を巡るバイオレンス・アクション。監督は『NARC ナーク』のジョー・カーナハン。 一癖も二癖もあるキャラが勢揃い。それぞれのキャラが立っているので観ていて楽しい。メインの銃撃戦の激しいこと!人がいりみだれ、先が読めな...... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 18時56分

» スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ターゲットは1人――報酬100万ドル 殺るのは誰だ!?』  コチラの「スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい」は、本日5/12公開になった豪華キャスト共演のR-15指定のヴァイオレンス・クライム・アクションなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  元々このテのスタ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 23時41分

» 『スモーキン・エース暗殺者がいっぱい』もっと暗殺者がいっぱいでも良かったかも。 [@KOBAのムービー!ムービー!]
『スモーキン・エース暗殺者がいっぱい』 SMOKIN’ACE(2007年アメリカ)  監督 ジョン・カーナハン  脚本 ジョン・カーナハン  出演 ライアン・レイノルズ、レイ・リオッタ、アリシア・キーズ、アンディ・ガルシア、ジェレミー・ピヴェン、ベン・アフレック  ■ストーリー■  コーザノストラのボス、スパラッザが組織に一員のマジシャン、イズラエルを殺そうとしている情報を得たFBIは、イズラエルから情報を得て司法取引を持ちかけようとしていた。100万ドルの懸賞金を求めて殺し屋たちはラスベガスにい... [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 10時38分

» 『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』を観ましたマフィアへの背信によってその心臓に報酬100万ドルをかけられたマジシャンを巡り、選りすぐりの暗殺者たちとFBIが壮絶な攻防を繰り広げるノンストップ・バイオレンス・アクションです>>『スモーキン・エース/暗殺...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 23時48分

« ごろつき | トップページ | スーパー・ガン (ブラック・ガン) »