« 摩天楼ブルース | トップページ | 殺しの分け前 ポイント・ブランク »

アドレナリン

マフィアに雇われているフリーのスナイパーであるチェリオス(ジェイソン・ステイサム)は、朝目覚めると敵対しているリッキー(ホセ・パブロ・カンティージョ)によって眠っている間に新種の毒薬を注射され、一時間後には副作用で死ぬことをビデオレターで知る。チェリオスは友人の医師からアドレナリンを出し続けると薬の副作用が抑えられると教えられ、走って暴れてと常に興奮状態を保ってアドレナリンを放ち続ける。チェリオスは解毒剤の入手とリッキーへの復讐のために奔走する。

冒頭から凝った映像が観られ、この時点で作品自体からアドレナリンが放たれている。スプリット・スクリーン(画面分割)も使用され、キレ味の鋭いカット割りやカメラワークがスピーディーかつテンポの良い描写を一段と盛り上げ、作品自体が放っているアドレナリンも更に倍増する。カー・アクション、銃撃戦、痛々しいバイオレンスが盛り込まれており、見せ場作りも良いので娯楽アクション映画としてはかなり面白く仕上がっている。ド派手な爆破シーンがあればもっと良かったと思える。

ストーリーは単純明快だが、その設定が実にバカバカしい。それが原因でおバカコメディー作品の要素も取り入れられている。チェリオスの性器が勃起し、半尻姿、挙句の果てには道端で大勢の人々に見られながらも恋人と性交したりと少しやり過ぎたおバカ描写でアクション映画を意識して観ている方々にとっては、やや興ざめてしまうだろうが、これこそ本当の娯楽映画だと思う方々もいるだろうし、この点は賛否両論だと言える。暴れたり走ったりするステイサムは従来通りのアクションスターとしての姿であるが、ナンセンスな下ネタに挑んだステイサムの姿は強烈なインパクトを与えると同時に意外な一面を発揮させたことにも驚愕させられた。これは、B級アクションスターのイメージが強いステイサムを本格的なB級スターとして定着させるような感じだ。

アクションとおバカコメディーの融合がB級娯楽映画としてのレベルをさらにパワーアップさせ、両ジャンルの面白さを一気に楽しめることが何よりも良い。

アドレナリン DVD アドレナリン

販売元:東宝
発売日:2007/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 摩天楼ブルース | トップページ | 殺しの分け前 ポイント・ブランク »

外国映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/8067142

この記事へのトラックバック一覧です: アドレナリン:

» アドレナリン(映画館) [ひるめし。]
このスナイパー、アドレナリンを出し続けないと即、死亡。 [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 16時33分

» アドレナリン [シネクリシェ]
 原題『クランク』としてこの作品を知ったのは半年近く前の「映画秘宝」誌(2007年2月号)で、町田智浩氏による見事な紹介文(全文掲載したいくらいのものです)により、今年のぜひとも観たい作品の1つとして... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 17時05分

» 映画レビュー「アドレナリン」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
◆プチレビュー◆命をかけて興奮し続けるというおバカな設定の快作。タフガイの主人公がお尻丸出しの病院服で戦うなんて前代未聞。ナンセンスな展開がたまらなく楽しい。 【50点】シェブは凄腕の殺し屋。ある日、目を覚ますと宿敵のヴェローナから「おまえに毒を盛ったか....... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 19時13分

» 心臓止めずに、走り続けろ! [CINECHANの映画感想]
180「アドレナリン」(アメリカ)  ロサンゼルス最大のマフィアに雇われているフリーのスナイパー、シェブ・チェリオスはある仕事を終えた翌朝、宿敵のリッキー・ヴェローナからの信じられないメッセージを目にする。  「眠っている間に毒を盛った。あと1時間しか生きられない」  シェブは解毒剤を手に入れるためリッキーの居場所を突き止めようと車を飛ばすが、意識は朦朧とし、心臓はバクバク。日頃仕事の手助けをしてもらっているドク・マイルズに相談すると、その毒は〝ペキン・カクテル〟であり、体内にアドレ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 23時45分

» 『アドレナリン』 [ラムの大通り]
(原題:CRANK) 「いやあ、これは巧いアイデアだったね。 主人公はプロのスナイパー、シェブ。 ところがのっけから彼に毒が注射されてしまう。 しかし、この毒が即効性がなく致死まで1時間。 かくして主人公は 死へのカウントダウンを刻むと言うお話なんだ」 ----ふうん。でも助かる方法はあるんでしょ? 「その作用を抑えるには アドレナリンを出し続ければいいんだって。{/ase/} で、そのことを旧知の医者から知らされたシェブは、 タイムリミットの1時間を、もう走る走る(笑)。 車を爆走させて、あら... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 23時47分

» ★「アドレナリン」 [ひらりん的映画ブログ]
今月は、どうも「109シネマズ川崎」での上映作が気になるひらりん。 2本まとめて見てきちゃいました。 その1本目。 [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 01時11分

» 「アドレナリン」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「アドレナリン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート、ホセ・パブロ・カンティージョ、エフレン・ラミレッツ、ドワイト・ヨーカム、レノ・ウィルソン、他 *監督:ネヴェルダイン、テイラー 感想・..... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 09時30分

» 【2007-97】アドレナリン(CRANK) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 組織に裏切られたスナイパー この男の心臓に仕掛けられたのは死への時限装置(中国製毒薬)。 タイムリミットは1時間。 生き残る方法は、ただひとつ。 アドレナリンを出し続けろ 死にたくなければ、 テンションを上げろ! ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 22時13分

» アドレナリン 観てきました。 [よしなしごと]
 なんか、くだらなそうな予感いっぱいのアドレナリンを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 02時40分

» アドレナリン [Akira's VOICE]
バカ丸出しで全力疾走。 [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 17時51分

» ローグ アサシン~アドレナリン [Osaka-cinema-cafe]
「少林寺」のリーリーチェンからハリウッドで 世界のジェット・リー。 アスリートから俳優へ、アクション俳優として 名前を広めた、ジェイソン・ステイサム。 この二人が共演するということで、 見ずにはいられませんでした。 しかも、「天六」の映画館で上映じゃないか! 舞台はサンフランシスコ。 ここでは、中国マフィアと日本のヤクザが 抗争を繰り返していた。 FBI捜査官のクロフォード(ジェイソン・ステイサム)と 相棒のトムは、伝説の暗殺者、ローグの行方を 追っており、ト... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 01時19分

» 『アドレナリン』ゴアシーン連続コメディアクション [@KOBAのムービー!ムービー!]
『アドレナリン』 CRANK(2006年アメリカ)  監督 ネヴィル・ダイン、テイラー  脚本 ネヴィル・ダイン、テイラー  出演 ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート  ■ストーリー■  組織の殺し屋シェブ・チェリオスは、香港から進出してきた組織のロサンゼルス支部のボスの殺しを引き受ける。仕事の翌日、シェブは敵の組織から依頼されたリッキーに毒薬を打たれてしまう。その毒とは、ペキン・カクテルと呼ばれる毒でアドレナリンを出し続けないと死んでしまうものだった。  ■感想■  ジェイソン・ステイ... [続きを読む]

受信: 2007年11月25日 (日) 21時34分

« 摩天楼ブルース | トップページ | 殺しの分け前 ポイント・ブランク »