« デス・プルーフinグラインドハウス | トップページ | ローグアサシン »

ブラッド

LAウィークリーの記者セイディー(ルーシー・リュー)は、取材をしていたカルト教団の連中に拉致された挙句に殺害される。やがてヴァンパイアとして甦ったセイディーは、カルト教団に復讐を挑む。

サム・ライミ率いるゴースト・ハウス・ピクチャーズが製作したセクシー系アクション・ホラー作品。従来の吸血鬼作品のイメージを払拭した作り方も新鮮味を感じさせる。ダークな雰囲気をしっかりと醸成させた照明の使い方も巧く、これがスタイリッシュな映像へと引き立てていて実に魅力的である。

セイディーは自身がヴァンパイアであることや人を殺すことに対して苦悩を抱き葛藤するが、この心理描写とルーシーの演技は見事だ。クールかつセクシーな雰囲気を漂わせる黒い衣装とダーティーな部分を前に押し出した人物設定が女ヴァンパイアのキャラクターを確立させ、観る者に印象付ける。また、ルーシーの裸身も随所に散りばめられているが、エロスの要素は結構控えめだ。これは、エロスに期待した人やルーシーのファンにとっては少々物足りないと思われるかも知れない。

復讐に挑むセクシーなヒロイン、地味なアクション、血生臭さが漂うシーン、ロバート・フォスターの出演といったいかにもB級な娯楽作品という感じが強い。ポー役のマコ(マコ岩松)にとっては、本作が遺作となった。

ブラッド DVD ブラッド

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« デス・プルーフinグラインドハウス | トップページ | ローグアサシン »

外国映画 は行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。TBありがとうございます。
あんまりヴァンパイア物って感じがしませんでしたが。
ホント雰囲気は良かったですね。

投稿: もじゃ | 2007年11月 4日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/8631164

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド:

» 今宵、摂食が始まる [CINECHANの映画感想]
199「ブラッド」(アメリカ)  LAウィークリーの敏腕記者セイディ・ブレイク。あるカルト集団の記事で取材した女性トリシアの連絡先が偽物であり、更にその番号は怪しげなホーム・ページへと繋がっていることを知る。しかもある夜、そのトリシアが惨殺死体で発見される。更にセイディは何者かに捕まり、ある屋敷へと連れて行かれる。そこにはビショップとイヴという人物がいた。  彼らに惨殺されるセイディ。しかし、彼女は遺体安置所で目覚める。身体に違和感を覚え、血を欲するセイディ。彼女はヴァンパイアとなって...... [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 11時15分

» 【 ブラッド 】 [もじゃ映画メモメモ]
ヴァンパイアになってしまったヒロインが復讐に挑むホラー・サスペンス。 ヴァンパイアの復讐劇、B級で話には目新しさはないものの、なかなか楽しめました。 ルーシー・リューは雰囲気があってカッコイイんですが、パンチ一発で伸びちゃうほど弱いヴァンパイア...かと...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 21時02分

» ブラッド (Rise: Blood Hunter) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 セバスチャン・グティエレス 主演 ルーシー・リュー 2007年 アメリカ/ニュージーランド映画 98分 ホラー 採点★★★ 「さぁ、今日は泣くぞぅ!」と、ハンカチ片手に向かう“泣き場”と化したわが国の映画館であるが、海外勢は俄然ホラーが元気。それらのほとんどを劇..... [続きを読む]

受信: 2008年1月 4日 (金) 13時17分

» ブラッド 08004 [猫姫じゃ]
ブラッド rise 2007年   セバスチャン・グティエレス 監督ルーシー・リウ マイケル・チクリス ジェームズ・ダーシー カーラ・グギーノ マコ マリリン・マンソン キャメロン・リチャードソン 3本目オープン・ウォーター2 から、キャメロン・リチャードソン...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 8日 (火) 02時12分

» 『ブラッド』ルーシー・リュー吸血鬼アクション [@KOBAのムービー!ムービー!]
『ブラッド』 RISE(2006年アメリカ、ニュージーランド)  監督 セバスチャン・ゲティエレス  脚本 セバスチャン・ゲティエレス  出演 ルーシー・リュー、マイケル・チクリス、マコ、ロバート・フォスター  ■ストーリー■  LAウィークリーの女性記者セイディーは同僚が死んだ事件を調査中にヴァンパイアに襲われ殺されてしまう。セイディーは吸血鬼となって甦り復讐を誓うのだった。また、吸血鬼に娘を殺された刑事ローリンズは、独自に捜査を始めるのだった。  ■感想■  ルーシー・リュー主演のヴァンパ... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 22時53分

» 「ブラッド」 [ひらりん的映画ブログ]
最近ご無沙汰だったホラーもの。 主演はルーシー・リュー。 「映倫 R-15」指定付き。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 23時55分

« デス・プルーフinグラインドハウス | トップページ | ローグアサシン »