« 荒野の1ドル銀貨 | トップページ | 電撃脱走 地獄のターゲット »

プラネット・テラーinグラインドハウス

クエンティン・タランティーノとのタッグで60年代から70年代のアメリカに存在したB級映画二本及び三本立て専門劇場“グラインドハウス”の雰囲気を現代に甦らせた企画でタランティーノ監督作『デス・プルーフ』に続くロバート・ロドリゲス監督作『プラネット・テラー』。

テキサスの米軍基地で生物化学兵器の取引が行われていた。だが、あることがきっかけでこれが破壊され、有毒ガスが漏れてしまう。街の人々はこの有毒ガスによって“シッコ”と呼ばれるゾンビと化して次から次へと人々を襲撃し、ゾンビの数を急速に増やすこととなり、街中は大パニックへと陥る。

冒頭からローズ・マッゴーワン扮する主人公チェリーのセクシーなダンスが披露され、開巻から観る者を圧倒させる。その後はゾンビまみれの大パニックが描かれ、ゾンビ系ホラーの面白さを満喫できる。ゾンビに片足を喰われたチェリーが義足代わりにマシンガンを装着し、数名の仲間たちと協力してゾンビ退治を決行するシーンは、激しいガンアクションや爆破シーンのオンパレードで描き、アクション映画の迫力を存分に発揮させていてかなり見応えがある。ハイテンションでぶっ飛んでいるという感じが強く、何でもありの面白さが本作の魅力だ。

本作も『デス・プルーフ』同様にグラインドハウス上映作品の雰囲気を醸成させるために敢えてフィルムに傷やノイズが加えられている。他にも数々のゾンビ映画へのオマージュを捧げたシーン、軍事施設内のTVモニターに映し出されるパム・グリア主演作『女体拷問鬼看守パム』(71、日本未公開)の予告編といったB級映画ファンにはたまらないマニアックな演出も興味深い。特にチェリーと元彼のレイ(フレディ・ロドリゲス=ロドリゲス監督とは無関係)との性交シーンの途中でフィルム紛失のお詫びテロップを出して次のシーンに切り替わるという演出は風変わりで驚かせてくれると同時に笑わせてくれる。遊び心がいっぱいのアイデアが随所に散りばめらていてそれが面白さを倍増させる。

キャラクター設定もしっかりとなされており、個性的なキャラクターも印象に残る。片足マシンガンのチェリーをはじめ、チェリーの元彼レイは次々と襲いかかるゾンビと闘う際になぜか華麗なる格闘アクションを魅せつけ、麻酔科医ダコタ(マーリー・シェルトン)は注射器を武器に大活躍、そんなダコタの浮気を疑う夫で医師のブロック(ジョシュ・ブローリン)はゾンビと化しても凶悪なDV夫、ダコタの息子のベビーシッター担当で凶悪な双子姉妹(エレクトラ・アヴェインとエリーズ・アヴェイン=ロドリゲス監督の姪)、ヘイグ保安官(マイケル・ビーン)とその兄でバーベキュー専門店オーナーのJT(ジェフ・フェイヒー)は大ピンチ状態の中でもバーベキューソースについて拘っていたりとクセのあるキャラクターが面白い。なかでもクエンティン・タランティーノ扮するド変態丸出しの米軍兵士は最大のインパクトを与える。他にもブルース・ウィリスや人気ヒップホップユニット、ブラック・アイド・ピースのボーカルでソロとしても大活躍しているファーギーことステイシー・ファーガソンも顔を出し、作品に華を添えている。

本編の上映前にフェイク予告編『マチェーテ』が観られる。こちらもロドリゲス監督作で主演はダニー・トレホ(ロドリゲス監督の従兄弟)。チャールズ・ブロンソンの『狼よさらば』(74)に代表される『デス・ウィッシュ』シリーズ等がネタにされており、本作同様にド派手なアクションが満載の娯楽作品でこれがまた面白そうだ。是非とも完成させて公開していただきたいものだ。

プラネット・テラー プレミアム・エディション DVD プラネット・テラー プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オリジナル・サウンドトラック「プラネット・テラー in グラインドハウス」 Music オリジナル・サウンドトラック「プラネット・テラー in グラインドハウス」

アーティスト:サントラ,ヌーヴェル・ヴァーグ,チンゴン,ローズ・マッゴーワン
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/09/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Grindhouse: Planet Terror Music Grindhouse: Planet Terror

アーティスト:Robert Rodriguez
販売元:Varese Sarabande
発売日:2007/04/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 荒野の1ドル銀貨 | トップページ | 電撃脱走 地獄のターゲット »

外国映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/9298882

この記事へのトラックバック一覧です: プラネット・テラーinグラインドハウス:

» 映画レビュー「プラネット・テラーinグラインドハウス」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
◆プチレビュー◆グラインドハウス第2弾は、往年のB級映画を最新技術で再現したゾンビ映画。片足マシンガンのヒロインが最高!【75点】テキサスの田舎町の米軍基地で違法の生物化学兵器が開発されるが、破壊された装置から有毒ガスが噴射。町の人々は感染し、ゾンビと化....... [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 10時57分

» 『プラネット・テラー in グラインドハウス』  [ラムの大通り]
(原題:Grindhouse) ----10月の映画の日は、ロドリゲスってワケだね。 「うん。9月はタランティーノを見逃したからね。 前からこれって決めていたんだ」 ----で、どうだったの? 映画館に来る観客も特別って気がするけど…。 「そうなんだよね。一番周りに受けていたのが出演のタランティーノが 『エヴァ・ガードナーって知ってるか?』と言うところ。 確かにこの映画のローズ・マッゴーワンは エヴァ・ガードナーに似ていなくもない。 噂のエンド・クレジット後のワンシーンでも 『あれ、どういうこと?... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 14時37分

» 世界に二人で立ち向かう [CINECHANの映画感想]
243「プラネット・テラーinグラインドハウス」(アメリカ)  テキサスの田舎町。米軍基地の部隊長マルドゥーンは生物化学兵器の取引を科学者のアビーと行っていた。その途中ガスが噴出、人々を溶かし、恐ろしく凶暴なゾンビ状態へと変貌させていった。  その頃ゴーゴーダンサーのチェリーは2週間前に別れたレイと再会。彼とドライブ中にゾンビたちに襲われ、片脚を食いちぎられてしまう。一方女医のダコタは横暴な夫ブロックを捨てて、息子を連れ、レズビアンの恋人タミーと逃げる計画を立てていた。しかし、彼らにも...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 15時22分

» プラネット・テラー in グラインドハウス [映画通の部屋]
「プラネット・テラー in グラインドハウス」GRINDHOUSE/ PLANE [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 20時30分

» #121.グラインドハウス その1『プラネット・テラー』 [レザボアCATs]
『キル・ビル』にしろ、Guns'N'Rosesの『Use Your Illusion』にしろ、およそ二つに分かれてる、ってのが余り好きくない。観てないので『デスノート』のことは言わないけど。二つに分けずに、あえて一つにギュギュっとコンパクトにまとめる方が、絶対濃いものになるはず、と私...... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 01時03分

» ★「プラネット・テラー in グラインドハウス」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ タランティーノとロバート・ロドリゲスのコラボ企画「グラインドハウス」の二本目。 タラちゃんの「デス・プルーフ」は9月はじめに鑑賞済み。 [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 01時38分

» プラネット・テラーinグラインドハウス [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ゾンビども・・・あたいの片足が火を噴くぜ  [続きを読む]

受信: 2007年12月14日 (金) 15時07分

» プラネット・テラー in グラインドハウス [シネクリシェ]
 2部作のうち、タランティーノ版(『デス・プルーフ in グラインドハウス』)が予想外に面白くなかったので、こちらの作品にはかなり期待していたのですが、こちらも同様の結果となり、いささか肩すかしを食わ... [続きを読む]

受信: 2007年12月16日 (日) 11時26分

» プラネット・テラー in グラインドハウス (Planet Terror) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ロバート・ロドリゲス 主演 ローズ・マッゴーワン 2007年 アメリカ映画 105分 ホラー 採点★★★★ 映画代が高い!1800円は高過ぎる!サービスデイやらで安くなったりはするが、それでも高いものは高い。1800円もあれば、それなりに腹一杯に食べれますし。10..... [続きを読む]

受信: 2008年3月28日 (金) 22時39分

» 『プラネット・テラー』片足マシンガンガール [@KOBAのムービー!ムービー!]
『プラネット・テラー』 PLANET TERROR(2007年アメリカ)  監督 ロバート・ロドリゲス  脚本 ロバート・ロドリゲス  出演 ローズ・マッゴーワン、フレディ・ロドリゲス、ブルース・ウィリス  ■ストーリー■  テキサスの田舎町のそばの軍事基地で秘かに作られた化学兵器が流出してガスが降り注いだ。ガスを浴びた住民はゾンビとなり人々を襲い始めた。ダンサーのチェリーはゾンビに襲われ片足を食いちぎられてしまう。チェリーは彼氏のレイは生き残った人々と町を脱出しようとするのだった。  ■感想■... [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 20時28分

« 荒野の1ドル銀貨 | トップページ | 電撃脱走 地獄のターゲット »