« 熱砂の戦車軍団 | トップページ | タランチュラ »

エンドゲーム 大統領最期の日

ハワード大統領(ジャック・スカリア)の警護を担当するシークレット・サービスのエージェントであるアレックス(キューバ・グッディング・Jr)。彼は式典に出席した大統領を警護していたが、大統領は何者かによって撃たれ、搬送先の病院で死亡。この事件に酷いショックを受けていたアレックスの前に独自の方法で取材し、実行犯の背後に黒幕がいることを突き止めた記者ケイト(アンジー・ハーモン)が現れる。ケイトは事件の真相を解明するために協力を求めてきたのだが・・・・・・。

監督はジャッキー・チェンの作品でスタントを担当していたアンディ・チェン。製作には『ラッシュアワー』シリーズ等の監督として知られるブレット・ラトナーが携わっている。アクション寄りのスタッフによってサスペンスがメインの本作はアクション重視の作品に仕上がった。だが、アクション重視といってもド派手なアクションの連続でもない。サスペンスを基本として随所に見せ場となるアクションシーンが散りばめられているという感じである。大爆破、銃撃戦、公道でのカーチェイスという演出はツボが押さえられており、迫力を追求した魅せ方は巧く、実に面白く仕上がっている。サスペンスとしては照明等で雰囲気を醸し出してはいるものの内容としてはまだるっこくて薄味のやや残念な仕上がりだ。はじめからアクション映画としてアクションシーンを濃く描いていればもっと良かったと思えることが悔やまれる。

キューバ・グッディング・Jrがしっかりとアクションを頑張っている点が好印象であり、かつてアカデミー助演男優賞を受けただけに演技も光っている。他にもジェームズ・ウッズ、バート・レイノルズという渋い共演者も魅力的である。

エンドゲーム/大統領最期の日 DVD エンドゲーム/大統領最期の日

販売元:NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
発売日:2008/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 熱砂の戦車軍団 | トップページ | タランチュラ »

外国映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/9879342

この記事へのトラックバック一覧です: エンドゲーム 大統領最期の日:

» 秘密を知る勇気はあるか? [CINECHANの映画感想]
326「エンドゲーム 大統領最期の日」(アメリカ)  アメリカ大統領が、万全の警備の中狙撃される。犯人はその場で射殺されるが、大統領も搬送された病院で息絶える。  記者のケイトは独自の調査で犯人に協力者がいたことを突き止める。しかし、彼女の動きは謎の集団によって監視され、関係者が次々と抹殺されていく。  ケイトはシークレット・サービスのアレックス・トーマスを訪ねるが、彼は大統領を守りきれなかった思いから、失意の日々を送っていた。ケイトの話しを受け入れようとしなかったアレックスだったが...... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 00時08分

» 『エンド・ゲーム大統領最期の日』J・C・ポロック脚本 [@KOBAのムービー!ムービー!]
『エンド・ゲーム大統領最期の日』 END GAME(2007年アメリカ)  監督 アンディ・チェン  脚本 J・C・ポロック、アンディ・チェン  原案 J・C・ポロック  出演 キューバ・グッディン・JR、アンジー・ハーモン、ジェームズ・ウッズ、アン・アーチャー、バート・レイノルズ、ジャック・スカリア  ■ストーリー■  シークレットサービス、アレックス・トーマスはハワード合衆国大統領の警護中に大統領が狙撃され暗殺されてしまう。直接の犯人はその場で警護班に射殺されるが、新聞記者のケイトはこの事件の... [続きを読む]

受信: 2008年7月10日 (木) 21時57分

« 熱砂の戦車軍団 | トップページ | タランチュラ »