« ヴェラクルス | トップページ | 片腕ドラゴン »

怪奇!!幽霊スナック殴り込み!

浅草のスナックのオーナーであるユキ(タナダユキ)の夫(みうらじゅん)は、新宿の暴力団関係者を殺害したため刑務所に服役している。所内で夫が関係者からの報復を避けるべく司法当局と取引をしたユキは、ある暴力団に接近したことによってピンチに陥る。そこへ所内で夫と同房だった着流し姿の侠客(島口哲朗)が現れ、ユキを救うために立ち上がる。さらには幽霊三人組まで登場し、凄まじい戦いが繰り広げられることとなる。

杉作J太郎率いる男の墓場プロダクションによる製作第二弾作品。第一弾『任侠秘録人間狩り』(06)同様に杉作監督の人脈を活かせた濃厚なキャストがかなり異色で面白い。主演は、『タカダワタル的』(03)、『百万円と苦虫女』(08)の女流映画監督のタナダユキ。脇を固めるのはリリー・フランキー、みうらじゅん、横山剣(クレイジーケンバンド)、山田五郎、大槻ケンヂ、フィッシュロックを確立させた森田釣竿船長率いる漁港、内藤研(東映のB級作品で活躍した内藤誠監督の実子)、ハリウッド映画『キル・ビル』(03)で出演兼殺陣指導担当の島口哲朗(剣伎衆かむゐ)といったいかにもサブカルチャーを匂わせるようなクセのあるメンツが大集合。中でも田原章雄(日頃は女性向け週刊誌の編集を担当されている)扮するヤクザは、イカツすぎる風貌と威勢の良いセリフ回しでかなり印象的だ。また、監督もチョイ役で出演し、本人役で登場する横山剣との絡みは実に面白く、笑わせてくれること間違いなしでこれも最大の見所だと言える。

映像は観るからに最近のTVの深夜ドラマのような感じで出来栄えはいかにも低予算の自主製作作品ではあるが、魅せるところはしっかりと魅せつけ、観る者を楽しませるための工夫が施されている点は実に良く、従来の娯楽映画の面白さをしっかりと追求していることを実感させてくれる。任侠ヤクザアクションとホラーを組み合わせ、なおかつコメディーのテイストを取り入れた内容は実に気楽であり、78分という短めの上映時間もこの手の作品に相応しい。とにかく暇つぶしには持って来いの作品である。

オープニングとエンディングに流れるクレイジーケンバンド歌唱の「まっぴらロック」と劇中に登場するふんどし一丁で「レロレロ~」とつぶやく幽霊が忘れられない・・・・・・。

怪奇!!幽霊スナック殴り込み! DVD 怪奇!!幽霊スナック殴り込み!

販売元:キングレコード
発売日:2006/11/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ヴェラクルス | トップページ | 片腕ドラゴン »

日本映画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/12252558

この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇!!幽霊スナック殴り込み!:

« ヴェラクルス | トップページ | 片腕ドラゴン »