« 阿修羅/ミラクル・カンフー | トップページ | XYZマーダーズ »

THEM ゼム (正体不明 THEM ゼム)

02年にルーマニアで実際に起きた事件に基づいたサスペンス・スリラー作品。

02年10月7日、ルーマニアはブカレスト郊外。大自然に囲まれた平穏なこの町の屋敷で仲良く暮らすフランス人学校教師クレモンティーヌ(オリヴィア・ボナミー)と夫である作家リュカ(ミヒャエル・コーエン)がある夜、突然、正体不明の謎の集団に襲撃されるハメに・・・・・・。

襲ってくる相手が正体不明の連中ということが本作のミソである。実話を基にしているのでモンスターや幽霊ではないということは既に分かりきっているのでその正体とはいったいどんな奴らなのかということに興味を抱いて最後まで楽しみたい作品である。

舞台となるブカレスト郊外の大自然の景観は、殆どと言ってもいいほど曇った状態でジメジメした湿っぽさがスクリーンから伝わってくる。これだけでもかなり薄気味悪い。屋敷内で展開される襲撃と決死のサバイバル描写は、暗すぎる映像と音楽を抑えた演出で緊迫感を巧く醸成し、必要に応じて使用されるショッキングな効果音が恐怖感を煽り立てる。これらの演出は、まさにこの手の作品では定石通りとなっているが、しっかりと効果を発揮している上に面白く出来ているので素直に良いと言いたい。また、手持ちカメラによるカメラワークがスリルを感じさせ、画面のブレからも恐怖を感じさせると同時にリアリティーをも産み出している。

ラストでこの事件の結果を簡単に説明するテロップが流れる。意外な結果ではあるが、劇中で描かれたことが真実であることを観る者に納得させる。

上映時間が77分ということで観やすいという感じではあるが、多少寄り道をしてもたついている部分もあるのであっという間の77分とは言えないのが少々残念だ。それでも多忙を極めているホラー好きや寝る前にまだ時間があるのでちょっと刺激が欲しいという方にはオススメできる作品だと思う。

正体不明 THEM (ゼム) DVD 正体不明 THEM (ゼム)

販売元:キングレコード
発売日:2008/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 阿修羅/ミラクル・カンフー | トップページ | XYZマーダーズ »

外国映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

これは観たいです!

投稿: TEN-Q | 2008年4月22日 (火) 02時53分

TEN-Q様

コメント、誠に有難うございます。

個人的には、かなり観やすい作品だと思います。

是非とも観てください。


投稿: サニヤン | 2008年4月22日 (火) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/20445801

この記事へのトラックバック一覧です: THEM ゼム (正体不明 THEM ゼム):

» 『THEM ゼム』 [ラムの大通り]
※お詫びとお願い※ 「思わず映画のキモに関わる会話をしてしまいました。 申しわけございませんが鑑賞ご予定の方は、 ご覧になるまで(亜蘭真 主美士)さんと(えい)のコメントの やりとり(最初の4つ)はお読みにならないようにお願いいたします」 (原題:ils) ----これまたホラーだニャ。 監督が「ラストは誰にも明かさないで欲しい」とくれば いろいろ想像しちゃうよね。 「うん。ぼくも例によって どんでん返し系を中心に、 その“衝撃”とやらをいくつか想像したけど、 いずれもはずれだったね。 元々実話... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 22時57分

» 侵入者は何者? [CINECHANの映画感想]
33「THEM ゼム」(フランス)  2002年10月7日、ルーマニア、ブカレスト。フランス人学校の教師クレモンティーヌは夫で作家のリュカと共に郊外の森の中の邸宅で、静かに暮らしていた。  しかし、深夜クレモンティーヌは耳障りな音で目が覚める。不審に思い、眠っているリュカを起こし、外の様子を調べに行くと、誰かが彼女の車を盗んでいった。さらに突然屋敷の電気が全て消える。そして懐中電灯のような照明を手から放つ複数の何者かが屋敷の中に侵入してくる。屋敷内は暗黒の迷路と化し、侵入者たちは二人を...... [続きを読む]

受信: 2008年4月23日 (水) 00時46分

« 阿修羅/ミラクル・カンフー | トップページ | XYZマーダーズ »