« ラスト・ラン 殺しの一匹狼 | トップページ | ゼブラ軍団 »

ジャガーNO.1

“ジャガー”というコードネームを持つ諜報員クロス(ジョー・ルイス)が世界各国の指導者を暗殺する麻薬組織の壊滅司令を受け、組織の首領エステバンを追跡する。

主演のジョー・ルイスは、正真正銘の空手世界チャンピオン。そんな彼の空手仕込みの格闘アクションが随所に散りばめられており、これが見せ場となる。

また、世界各国でのロケも本作の特色の一つでもあり、その中には日本の東京も含まれている。東京でのシーンで印象的なのは、黒い空手着に身を包んだクロスが墓地で黒いスーツに蝶ネクタイ姿の多数の敵を空手技はもちろん、刀まで駆使して蹴散らすシーンであり、これがほのかに武士道を感じさせる。次に香港ロケでは、アクションシーンは無いものの香港カンフーアクション映画の雰囲気を巧く醸し出している。ここでしっかりと格闘シーンを描くべきであった。そうすればもっと面白くて良い感じに仕上がっていたのではと思うと本当に残念だ。ラストのスペインの古城を舞台にした格闘アクションは、本領が発揮されていて観る者を釘付けにさせるほど面白く仕上がっている。

結果的にはもたついている部分が多く、アクションシーンも殆どパンチが効いていないため、思いっきり退屈さを感じてしまうユルユルのB級娯楽アクション映画という出来栄えとなった。クリストファー・リー、バーバラ・バックら豪華キャストも各国のロケも実にもったいないと思える。誠に残念だ。

【35点】

No1

|

« ラスト・ラン 殺しの一匹狼 | トップページ | ゼブラ軍団 »

外国映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/21641044

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガーNO.1:

« ラスト・ラン 殺しの一匹狼 | トップページ | ゼブラ軍団 »