« シューテム・アップ | トップページ | ブラック・エース »

仁義と抗争

松方弘樹を主役に据え、地方都市を舞台にした東映実録ヤクザ路線の“ローカル”シリーズ第三弾。

この男と口を聞いた者は必ず死んでしまうという疫病神のようなヤクザ“ばば伝”こと海野伝吉(松方弘樹)の姿を三つ巴抗争劇を通して描く。

本作のメイン舞台は北関東の温泉街。街の特色をしっかりと活かせた旅番組のような雰囲気すら感じられる描き方は、今までのこの手の作品とは違った面白さを醸し出しており、珍しい上に一風変わっている。

作風は『エクソシスト』(73)の影響をモロに受けているようなオカルトタッチな作り方であるが、恐怖や戦慄といった感覚は微塵も感じられない。青春モノのような軽快なテーマ曲、アクション、セクシーサービス、コメディータッチといった明るいイメージで彩られている。しかもこれらの要素がしっかりと面白さを発揮している。

監督は日活アクション映画全盛期を支えた松尾昭典。そんな彼が東映ヤクザ映画に初めて挑戦し、興行的には失敗したものの深作欣二、中島貞夫、山下耕作らとは違ったカラーを発揮させることに成功したのである。

キャストも宍戸錠、長門裕之、近藤宏、深江章喜といった日活系が揃っており、日活と東映のコラボレーションという感じのキャスティングがかなり異色である。他にも中村敦夫、桜木健一(現・櫻木健一)、あき竹城、小池朝雄、棋士の内藤國雄が顔を揃えており、皆が印象的だ。特にあき扮する女子レスラーのインパクトが強すぎる存在感や本人役で登場する内藤が自身のヒット曲「おゆき」をアカペラで歌うシーンは忘れられない。

最初から最後まで面白さに満ち溢れた作品であり、まさに“痛快”という一言がお似合いだ。

【70点】

|

« シューテム・アップ | トップページ | ブラック・エース »

日本映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/22841463

この記事へのトラックバック一覧です: 仁義と抗争:

« シューテム・アップ | トップページ | ブラック・エース »