« マックス・ペイン | トップページ | ゾンビ・ストリッパーズ »

狂った野獣

舞台は京都。銀行強盗をミスしたサブ(川谷拓三)とトシ(片桐竜次)が路線バスをジャックする。人質となる様々な乗客の中には、視覚障害が原因でプロドライバーの道を閉ざされてしまった宝石強盗犯の伸(渡瀬恒彦)もいる。バスはパトカーや白バイに追われながらも突っ走る。

深作欣二監督と渡瀬恒彦のタッグで生み出された和製カーアクションの傑作『暴走パニック 大激突』(76)の影響を受けたかのような形で中島貞夫監督が撮り上げた本作は、主演の渡瀬をはじめ、ピラニア軍団ばかりのキャストと派手なカースタントといった共通点が多い。

当時の外国映画ではカーチェイスを売りモノにしたアクション作品が多く量産され、日本でもこれに便乗して本作と『暴走パニック~』を生み出したと捉えられる。

序盤はバス内での密室劇を魅せつける。乗客たちの豊かな個性を浮き彫りにしているのがミソであり、これが面白さを増している。ブチギレする二人の犯人と乗客らが繰り広げるアナーキー、パニックをコミカルな雰囲気を少々交えて描く。特に自己主張して騒ぎまくる若い女、このような状況にも関わらずラジオの競馬中継に熱中する土木作業員、不倫関係にある教師と教え子の母がこれを機に不仲になったりといった様々な人間模様が印象深くて面白い。

後半は、見せ場のカーアクションをしっかりと魅せつける。追ってくるパトカーは横転、クラッシュ、爆破炎上し、バスは養鶏場に突っ込んで車内がチキンまみれになったりする。中島監督のパンチの効いた迫力満点のアクションシーンは、観る者にインパクトを与えられるような描き方となっており、作り方の巧さに関しても思わず舌を巻くほどだ。カーアクションならではのスリルとスピード感も存分に味わえ、まさに痛快だ。

渡瀬恒彦が本作のために大型特殊免許を取得し、自身が握るハンドルでバスを見事に横転させたのである。渡瀬を慕うピラニア軍団の川谷拓三、志賀勝、野口貴史もこの危険なスタントに付き添ったのである。

全国区になる前の笑福亭鶴瓶、要注意歌謡曲としても知られる自身の持ち歌「小便だらけの湖」を熱唱する三上寛といった端役の存在は、今となっては非常に貴重だ。

78分という短い上映時間内に面白さを存分に凝縮させているのでアッと言う間に時間が過ぎてしまう。

|

« マックス・ペイン | トップページ | ゾンビ・ストリッパーズ »

日本映画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/29202396

この記事へのトラックバック一覧です: 狂った野獣:

« マックス・ペイン | トップページ | ゾンビ・ストリッパーズ »