« ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式 | トップページ | ゴー・ファースト 潜入捜査官 »

ブラック・ウォーター

二週間の休暇を利用してオーストラリア北部へ赴いたリー(メーヴ・ダーモディ)と姉グレース(ダイアナ・グレン)とその彼氏アダム(アンディー・ロドレーダ)の三人は、川釣りツアーに参加し、ガイドのジムを加えた四人はボートに乗って良い釣り場を求めて上流へ上がっていく。ボートがマングローブの沼地に入ったとき、何かが直撃してボートは転覆し、四人は川の中に突っ込んでしまう。グレースとアダムは水の中からマングローブの木へと這い上がるが、リーとジムの姿が不明状態になる。そこで二人が目の当たりにしたのは、大きなワニであるクロコダイルであった。リーは何とかひっくり返ったボートに上がり、グレースとアダムがいるマングローブの木へ辿り着くのだが・・・・・・。

数多く存在するワニをネタにしたB級モンスターパニック作品の中では異色の作品であり、B級色は強いが、簡単に侮ることができないような作風へと仕上がっている。それは、低予算を逆手に取ったリアリティーを追求した作り方で魅せるべき部分をしっかりと魅せつけてサスペンス、モンスターパニックとしての面白さを発揮しているからである。

実話を基にしたストーリーをアンドリュー・トラウキとデイヴィッド・ネルリッヒの両監督がよりリアルな作風へと仕上げるためにメイン舞台となる沼地に拘ったり、CG等で再現されたものではないホンモノのワニを使ったりといった工夫を施した。とにかくこの努力は大いに讃えたいものだ。特にこのホンモノのワニが三人を襲うシーンが最大の見所であり、スリル満点で驚愕させられ、モンスターパニック作品としての面白さを満喫できる。また、「三人は無事で生きて還られるのか?」、「この先どうなるのか?」というようなことが気になり、これが本作が持っているサスペンスとしての面白さだと言える。どちらかと言えばサスペンス重視であるため、ワニが大暴れしたりといったモンスターパニックの要素には期待しない方が良いと言い切れる。

【70点】

|

« ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式 | トップページ | ゴー・ファースト 潜入捜査官 »

外国映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/31003597

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ウォーター:

» 09-233「ブラック・ウォーター」(オーストラリア) [CINECHANの映画感想]
休みって本当に最高だな  グレースとその恋人アダム、そしてグレースの妹リーの3人はオーストラリア北部に旅行に出かけ、川釣りと野生生物を観察できる体験ツアーを楽しむことに。頼りなさげなボートに乗り込んだ3人は、ガイドに導かれてマングローブが生い茂る川の奥深くへと進んでいく。  すると突然、何かがボートに衝突、そのままボートはあえなく転覆し、全員が川に投げ出される。ほどなくガイドが命を落とし、残された3人は、犯人が巨大なクロコダイルと知るのだったが。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 11時49分

« ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式 | トップページ | ゴー・ファースト 潜入捜査官 »