« 女体渦巻島 | トップページ | 皆殺しの挽歌 »

ビバリーヒルズを乗っ取れ!

80年代初期から90年代中期頃まで活躍したB級アクションスター、ケン・ウォールが大活躍するハード・アクションで監督もB級映画を得意とするシドニー・J・フューリー。

アメフトの名クォーターバックのブーマー(ケン・ウォール)が百万ドル強奪計画を阻止するべく敵に挑むというベタなお話。

序盤でパトカーに追われる毒性化学薬品フッ素を積んだタンクローリーが停まっている車に当たって横転し、フッ素が漏れてしまう!!これが本作の一発目のアクションシーンなのである!!フッ素によって汚染され、市民を避難させるべく警察側が用意したバスに乗せてどこかのホテルに移動させる。このパニックに便乗して元警官の悪党どもが宝石店を襲撃!!ストーリーはコレをきっかけに進展するのだ。

とにかく壮大な爆破アクションが随所に散りばめられており、退屈させないのが良い!!中でも戦車の活躍がアクションを大いに盛り上げる!!砲撃によって民家を大爆破炎上させたり、民家に突っ込んでメチャクチャにしたりと大暴れ!!次にブーマーと警官エド(マット・フリューワー)がガソリンと酒で調合した火炎瓶で敵のパトカーを爆破させる。パトカーも豪快に燃え上がり、軽く宙に浮いて横転したりと見応えは最高!!敵も負けじとマシンガン搭載の車に乗ったり、火炎放射器を使って二人を追い詰める!!だが、ブーマーが地面にガソリンを撒き散らしているため、火炎放射器は仲間の車を燃え上がらせてしまって意味ナシ!!という具合に印象的なド派手アクション演出を存分に堪能できるのだ!!

それにしても敵たちがヘボい。戦車のハンドルを握り、火炎放射器を繰り出すアジア系の敵なんかかなり手強そうな良いキャラだが、ブーマーが石を額に投げつけただけで即KO!!ロバート・ダヴィ扮する計画の首謀者ロバート(ブーマーのチームのオーナーでもあるのだ!!)は、ブーマーとの格闘シーンでチョイと追いつめるが、喘息持ちということもあってなのか、あっさりとやられてしまうし……。

劇中にプレイメイトのパメラ・アンダーソンが端役で出演しているのだ!!良かったら探してみては?!

Photo_5

|

« 女体渦巻島 | トップページ | 皆殺しの挽歌 »

外国映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/35598465

この記事へのトラックバック一覧です: ビバリーヒルズを乗っ取れ!:

« 女体渦巻島 | トップページ | 皆殺しの挽歌 »