« 『西部警察PART-Ⅱ』 第28話「涙は俺がふく」 | トップページ | 逃亡列車 »

『ゴリラ警視庁捜査第8班』グッズ

石原軍団のTVドラマ『ゴリラ警視庁捜査第8班』のグッズをヤフオクでゲット!!

Gori_2

的当てゲームであり、銃はパイソン357マグナム。吸盤矢四本付き。

本放送当時、ヨネザワというメーカーから『ゴリラ』グッズが販売されていた。他にもプラモやモデルガンも!!まぁ、『西部警察』も同じくヨネザワからグッズがリリースされていたが、アイテム数は、もちろん『西部~』の方が多かった!!プラモ、モデルガンはもちろん、当時人気だったLSIゲームやラジコンカーも!!視聴率や人気も『西部~』の方が確実に上ということも…

この的当てゲーム、“コルトシューティングターゲット”ヴァージョンもあるのだ!!

ちなみに、この番組、私が小一の頃に観ていたのだ!!日曜夜8時から!!

テレ朝日曜夜8時と言えば、石原プロ名物『西部警察』三部作を覚えている方が多いだろう。

前にも申しましたが、7時30分『象印クイズ ヒントでピント』、その間に「週刊新潮」のCMを挟んで、8時に『西部警察』という感じ!!

私が小一の頃は、『ヒントでピント』→「新潮」CM→『ゴリラ警視庁捜査第8班』!!まぁ、7時からはフジテレビで『キテレツ大百科』観てましたが・・・

キャストは、渡哲也、舘ひろし、神田正輝、谷川竜(現・モデル)、秋山武史(故人)の石原軍団メンバーに、谷啓、仲村トオル(あまり出てこなかった、途中で何の予告もなくフェードアウト!!)、鈴木瑞穂、加納みゆき、田中美奈子(加納の後任)となかなか異色のキャスティング!!

初期の頃は、軍服のような戦闘服を着用し、ポリス・アドベンチャーと呼ぶに相応しくミリタリー・アクション風の見せ場が展開された。本作の前後は、ミリタリー系の洋画B級アクションが劇場公開されてましたからね~!!今は無きジョイパック(現・ヒューマックス)配給、公開後のビデオリリースは東芝から!!そう言えば、本作に登場するPCも東芝で、OPタイトルバックにも“TOSHIBA”とクレジットされていたし・・・

コレ、石原プロが『西部警察』を超えるアクションを目指したとのことだが、視聴率は伸び悩み、中盤からは『大都会 闘いの日々』で脚本を手懸けた倉本聰(ビッグネーム!!)を脚本監修に迎え、路線をアクションから人情モノなどの地味系となってしまった!!
でも、最終回(二時間SP)の伊達刑事(舘ひろし)殉職では、再びハードなアクションが観られましたからね!!何となく『西部警察PART-Ⅲ』最終回(「大門死す!男たちよ永遠に・・・」)を意識したかのような・・・
伊達の骨肉腫発症、死が迫る中でも痛み止め注射を射ちながら捜査なんかも『西部警察』の沖田刑事(三浦友和)の焼き直しやし・・・

ちなみに、このグッズは1000円で落札しました!!サイズ、価値を考えたら妥当だと思いますね!!

|

« 『西部警察PART-Ⅱ』 第28話「涙は俺がふく」 | トップページ | 逃亡列車 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/36322078

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴリラ警視庁捜査第8班』グッズ:

« 『西部警察PART-Ⅱ』 第28話「涙は俺がふく」 | トップページ | 逃亡列車 »