« それゆけ!ハイレグ消防隊 (未公開) | トップページ | 大暴れマドロス野郎 »

ハイローリング (VHS邦題『コンボイ・クラッシュ』)

巧妙なトラックジャック事件が相次ぎ、バイカーのレーン(ピーター・フォンダ)は、親友のトラック野郎デューク(ジェリー・リード)たちを守るべく強奪組織に挑むというお話。

カーアクション映画が量産された70年代。後半は、本作やサム・ペキンパー監督作『コンボイ』、『爆走トラック'76』といったトラックによるカーアクションが生み出された。日本でも『トラック野郎』シリーズが人気だったのだ!!

見せ場は、デュークの運転でレーンとデュークの息子タンカーが乗ったトラックを一味が襲撃するシーン。レーンが積荷であるレースカーを落っことしてコイツらを撃退するが、一味の三台の車はクラッシュしてもしぶとく追ってくる。そこで、レーンはガソリンを撒いた上に発炎筒で着火させて燃え上がったレースカーを落っことして敵の車を大爆破させる。これがなかなかの見応えがあって良いのだ!!

中盤から終盤にかけては、レーンとデュークが途中で出逢って親しくなった女トラッカーのピックアップが拉致され、デュークも一味の殺し屋ハーヴェイの銃弾を喰らって重症を負ったため、レーンが決戦に挑む。タンカーも親父の仇を取るためにトラック野郎たちに救援を求める。一致団結した野郎たちは各々トラックに乗って敵地に乗り込み、連中と大乱闘!!レーンはトラックを駆ってピックアップを乗せて突っ走るハーヴェイの車を追跡。ピックアップは助手席から、ハーヴェイは運転席から飛び出し、車は崖から落下して大爆破!!そして、レーンとハーヴェイの一気撃ち。レーンはハーヴェイからカーボーイと呼ばれているためか、このクライマックスの一気撃ちはちょいと西部劇っぽい。

雪道をはじめ、晴れ晴れしさとは一切無縁の曇った景観が多く観られるため、作品そのものに明るさが感じられない上に湿っぽいイメージが強い。

Photo

人気ブログランキングへ

|

« それゆけ!ハイレグ消防隊 (未公開) | トップページ | 大暴れマドロス野郎 »

外国映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/36643142

この記事へのトラックバック一覧です: ハイローリング (VHS邦題『コンボイ・クラッシュ』):

« それゆけ!ハイレグ消防隊 (未公開) | トップページ | 大暴れマドロス野郎 »