« エグゼクティブ・ターゲット (未公開) | トップページ | 必殺仕事人・特別編 恐怖の大仕事 水戸・尾張・紀伊 »

『大激闘マッドポリス’80』 第四話「切り札は黒いクイーン」

『大激闘マッドポリス’80』第四話「切り札は黒いクイーン」を観た。監督は、日活ニューアクションの旗手であった長谷部安春で、当時はアクション系TVドラマも多数手懸けていた。

傑作ポルノ映画『東京エマニエル夫人』&『東京ディープスロート夫人』でお馴染みの田口久美がJMの賭博組織を仕切る悪女ボス、アクション系TVドラマの名悪役である内田勝正がその部下、黒幕的ルックスの早川雄三が珍しく悪役ではなく、田口&内田に拉致されて冷凍庫に監禁される警視総監役…というゲスト陣の妙味を味わえた!!

芹沢(志賀勝)がJM連中に撃たれて重症を負うものの、死にモノ狂いで車を走らせる!!「眠りそう…」という芹沢を眠らせてはならぬと氷室(渡瀬恒彦)らマッドポリスたちは檄を飛ばす!!そこで、新田(片桐竜次)が無線をマイク代わりに沢田研二の「TOKIO」を歌い聴かせるが、大ピンチ状態の芹沢から「相変わらずオンチやの~」とツッコミを入れられるシーン…ハードなバイオレンス・アクションを売りにしながらもこのようなコミカルさが味わえるのもこの作品の好ポイントなのである!!

クライマックスは、毎度お馴染みのハイテンションな大殺戮系銃撃戦が味わえるのだからさらによろしい!!

|

« エグゼクティブ・ターゲット (未公開) | トップページ | 必殺仕事人・特別編 恐怖の大仕事 水戸・尾張・紀伊 »

『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/37405426

この記事へのトラックバック一覧です: 『大激闘マッドポリス’80』 第四話「切り札は黒いクイーン」:

« エグゼクティブ・ターゲット (未公開) | トップページ | 必殺仕事人・特別編 恐怖の大仕事 水戸・尾張・紀伊 »