« 『大激闘マッドポリス’80』 第一話「マフィアからの挑戦」 | トップページ | 男が命を賭ける時 »

抜き打ちの竜 拳銃の歌

赤木圭一郎の人気シリーズ『拳銃無頼帳』の第一弾「抜き打ちの竜」を高橋英樹主演でリメイク。監督は野口晴康。

射撃の腕前バツグンの“抜き打ちの竜”こと壇竜四郎(高橋英樹)は足を洗い、ダムで働いているが、暗黒街のもとで働かされている義弟の健次を救うべく東京に舞い戻る。竜は、ライバルとなる“コルトのジョー”(宍戸錠)と手を組み、悪党どもに挑戦するというお話。

高橋、ジョーをはじめ、悪党役の金子信雄、藤村有広、垂水五郎、竜の良き理解者であるベテラン刑事役の菅井一郎ら日活アクションお馴染みのキャストも味わい深くて良い。だが、何と言ってもOPクレジットで“新人”表記されている山本陽子、後に谷隼人としてスターダムへと登りつめる岩谷肇の初々しい活躍ぶりが今となっては貴重である。

見せ場のアクションだが、OPクレジット前に観られる高橋の格闘アクション、中盤やクライマックスの大銃撃戦、瓶入りジュースが積み込まれたトラックの大爆破と要所に散りばめられている。

黒い革ジャンに身を包んだ高橋がボストンバッグ片手に歩く。そこに高橋歌唱の主題歌「抜き打ちの竜」が被さる。一匹狼の風来坊らしい雰囲気が漂う良い画に仕上がっており、当時のカッコいい男をちょいと堪能できる!!

作品のそのものに関しては、やはり赤木圭一郎のシリーズに比べるとパワーダウンしていることは否めない。残念!!

監督:野口晴康

出演:高橋英樹、宍戸錠、岩谷肇(谷隼人)、金子信雄

製作:1964年 日本(日活)

上映時間:93分

|

« 『大激闘マッドポリス’80』 第一話「マフィアからの挑戦」 | トップページ | 男が命を賭ける時 »

外国映画 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/37155974

この記事へのトラックバック一覧です: 抜き打ちの竜 拳銃の歌:

« 『大激闘マッドポリス’80』 第一話「マフィアからの挑戦」 | トップページ | 男が命を賭ける時 »