« 東京流れ者 | トップページ | 『大激闘 マッドポリス’80』 第7話「地下銀行襲撃」 »

『大激闘 マッドポリス’80』 第6話「殺しの追跡」

『大激闘 マッドポリス’80』第6話「殺しの追跡」を観た。監督は、前回に続き東映プログラムピクチャーの功労者である野田幸男。脚本は、日活ニューアクションで頭角を現し、石原軍団の『大都会』や『西部警察』でも馴染み深い永原秀一。

今回のメインゲストは、根上淳(夫人=ペギー葉山)。会社乗っ取り等をやらかす一流企業経営者でジャパンマフィアの資金提供者という役どころ!!

防弾仕様の車の後部座席に座って移動中の根上淳をマッドポリスメンバーが挨拶代わりに襲撃する前半シーンがよろしい!!建物の屋上からM16ライフルで狙撃する氷室(渡瀬恒彦)、ホテルの一室の窓を開けて撃ち込む芹沢(志賀勝)!!トドメは新田(片桐竜次)がダンプでぶつけまくり、さらに火炎瓶三本を投下して根上淳をビビらせるのだ!!

中盤以降は、マッドポリスメンバーが根上のためだけに建設された重警備体制マンションに乗り込む!!根上の愛人で根上経営スポーツジムのマッサージ師である山口美也子がエレベーターが開いた瞬間に蜂の巣にされるシーンも驚愕モノだ!!クライマックスは、毎度お馴染みの大殺戮系ガンファイトだ!!額をブチ抜かれたヤツ、ガラスが豪快に割れまくり…。でも、松村(梅宮辰夫)が背後から数発撃ち込むシーンは、東映ヤクザ映画テイストが感じられてよし!!

最後はヘリで逃亡しようとする根上を氷室が一撃射殺して落着!!

|

« 東京流れ者 | トップページ | 『大激闘 マッドポリス’80』 第7話「地下銀行襲撃」 »

『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/37621485

この記事へのトラックバック一覧です: 『大激闘 マッドポリス’80』 第6話「殺しの追跡」:

« 東京流れ者 | トップページ | 『大激闘 マッドポリス’80』 第7話「地下銀行襲撃」 »