« ヨネザワ『西部警察PART-Ⅲ』ボードゲーム | トップページ | やくざ番外地 »

『大激闘 マッドポリス’80』 第8話「破壊」

『大激闘 マッドポリス’80』第8話「破壊」を観た…。監督は前回同様に村川透。

ジャパンマフィアの武器弾薬が隠されている美術館は、重警備で難攻不落の要塞同様。マッドポリスメンバーは、この武器弾薬を破壊するべく地下水道から突入するのだが…というお話。

主なゲストは、『大都会 闘いの日々』で渡哲也扮する黒岩刑事の上司である一色課長代理を演じた玉川伊佐夫と江角英明(当時、江角英)!!玉川は、政財界にも絶大な影響を及ぼす大物総会屋という役どころで、ジャパンマフィアのトップからの命令で武器弾薬を密輸したのであった!!

氷室(渡瀬恒彦)がJM連中の銃撃をかわしながらも激走するカーチェイス、地下水道内での大銃撃戦やダイナマイト爆破炸裂、終盤での痛快ガンファイト大殺戮、手榴弾で爆破、クライマックスの爆破…現代のTVでは味わえない狂ったアクションが随所で味わえる!!

傷ついた芹沢(志賀勝)と新田(片桐竜次)のピラニア軍団コンビ、閉塞恐怖症な原田(中西良太)が弱音を吐いて松村(梅宮辰夫)に叱咤激励…アクション以外でも印象深いシーンがあるのがこれまたよろしい!!

前回同様、ED曲「愁いの街」のアレンジBGMの多用も味わい深い!!哀愁漂うゆったりとしたメロディーなのだ!!

|

« ヨネザワ『西部警察PART-Ⅲ』ボードゲーム | トップページ | やくざ番外地 »

『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/37781228

この記事へのトラックバック一覧です: 『大激闘 マッドポリス’80』 第8話「破壊」:

« ヨネザワ『西部警察PART-Ⅲ』ボードゲーム | トップページ | やくざ番外地 »