« シュロック | トップページ | 謹賀新年=2011年 »

『大激闘 マッドポリス’80』 第11話「爆殺マシーン」

『大激闘 マッドポリス’80』第11話「爆殺マシーン」を観た…。監督は、野田幸男!!

今回は、芹沢から“キューリ”呼ばわりされている原田(中西良太)がメインで活躍。

ジャパン・マフィアによる贋ドル紙幣偽造工場を嗅ぎつけた原田は、深追いし過ぎて囚われてしまった。オマケに薬物を注射されて洗脳されてしまったのだ!!「マッドポリスはお前の敵だ・・・殺せ!!」と命じられ、ダイナマイトを持った“爆殺マシーン”となった原田…。原田がヤクを打たれる前に想像していた自身の仲間襲撃(マイトで事務所内爆破&MPメンバー射殺)を実現させてしまったが、メンバーだけは撃ち殺さずに事務所内爆破(MPメンバーは机の後ろに避難&悠子はスーパーに買出しから帰って来たところ)だけで収まった!!

クライマックスは船上での大銃撃戦!!原田が自身を洗脳して利用してくれた過激派あがりの連続企業爆破犯の沢木(椎谷建治)を射殺して復讐を果たし、氷室(渡瀬恒彦)は今回の黒幕である仙波(小笠原弘)を射殺して解決!!

クライマックスの見せ場や事務所爆破も印象深かったが、冒頭のバイクアクションや悠子(堀川まゆみ)のピンク色のラメ入りつなぎも要注目モノ!!

|

« シュロック | トップページ | 謹賀新年=2011年 »

『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/38235381

この記事へのトラックバック一覧です: 『大激闘 マッドポリス’80』 第11話「爆殺マシーン」:

« シュロック | トップページ | 謹賀新年=2011年 »