« 『大激闘 マッドポリス’80』第15話「005便で来た狙撃者」 | トップページ | 『大激闘 マッドポリス’80』 第16話「人間狩り」 »

夜霧の慕情

石原裕次郎のムード・アクション作品で監督は、松尾昭典。松竹女優の桑野みゆきが日活初登場で裕次郎との初競演が見モノ。

裕次郎扮する暴力団・東陽会の幹部である堀部が服役中の親分・中根(芦田伸介)の情婦・亜紀(桑野みゆき)と深い関係になる。だが、堀部の兄貴分で親分不在中の組織を仕切る相良(宍戸錠)が敵対する旭会の親分と手を組んで出所した親分を殺害。堀部が単独で相楽らに復讐に挑む…というお話。

裕次郎と桑野の共演を中心に描く…というムード・アクションのムードの部分を強調している感が強い。

コレによってアクションやヤクザ映画らしいシーンはかなり控えめなのである!!

中盤の裕次郎がチンピラ連中の襲撃に抵抗するも負傷してダウン、終盤近くの宍戸錠がドスで芦田伸介をメッタ刺し、クライマックスで裕次郎が宍戸錠らと激闘、ラストシーンで空港前で裕次郎が数発の弾丸を喰らって絶命…裕次郎映画の定石通りのアクションやバイオレンスなのだ!!

梶芽衣子扮する花屋の娘と藤竜也扮する大学生の婚約を祝う裕次郎が、今は堅気となって飲み屋を営む元子分の桂小金治の店で祝福するシーンにてバーブ佐竹がギターを弾きながら歌う曲は「俺は泣きたい」!!

|

« 『大激闘 マッドポリス’80』第15話「005便で来た狙撃者」 | トップページ | 『大激闘 マッドポリス’80』 第16話「人間狩り」 »

日本映画 や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/38597384

この記事へのトラックバック一覧です: 夜霧の慕情:

« 『大激闘 マッドポリス’80』第15話「005便で来た狙撃者」 | トップページ | 『大激闘 マッドポリス’80』 第16話「人間狩り」 »