« 『特命刑事』 第六話「黒い狼」 | トップページ | 『おとなの子守唄』…ラブホCM »

『特命刑事』 第七話「逃亡地帯」

『特命刑事』第七話「逃亡地帯」を観た。

水上署に拘留中の一等航海士で麻薬の運び屋である草薙良一。彼の背後に大組織があると睨んだマッドポリスは、新田(片桐竜次)をブタ箱に潜入させ、草薙を脱走させる。

今回は、トニー・カーティス&シドニー・ポワチエがW主演の名作『手錠のままの脱獄』を意識していることが丸わかり!!手錠に繋がれた新田と草薙良一が逃げて逃げて逃げまくるシーンを前面に押し出しているのだ!!この作品を意識した作品…結構あるね!!あの高倉健をスターダムにのし上げた『網走番外地』もそうだし、『西部警察』第40話「手錠のままの脱走」も!!とにかく『手錠のままの脱獄』がいかに後の映像に影響を与えたかを改めて思い知ったな…。

中盤を過ぎたあたりで何者かにやたらと狙撃されまくり、逃げ込んだ先の巨大冷凍庫に監禁状態となった新田と草薙が凍えながら数本のマッチを一本づつ点して温もりあうシーン…コレは印象深くて忘れられない名シーンだ!!

クライマックスは人がいない競艇場を舞台にしたマッドポリスと組織との大銃撃戦!!さらに、車の横転シーンも観られるのだ!!

今回の黒幕である小松原に扮しているのは、『西部警察PART-Ⅱ』&『同PART-Ⅲ』の佐川係長や『大都会PARTⅢ』の加川課長で知られる高城淳一。佐川係長&加川課長、『特捜最前線』や『ザ・ハングマン』等のゲスト出演、個人的にはイヤミな役を演じさせたらピカイチだと思う高城淳一…今回はイヤミさは醸し出さず、重厚な雰囲気で黒幕的悪役を好演していたのだ!!

|

« 『特命刑事』 第六話「黒い狼」 | トップページ | 『おとなの子守唄』…ラブホCM »

『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/39005302

この記事へのトラックバック一覧です: 『特命刑事』 第七話「逃亡地帯」:

« 『特命刑事』 第六話「黒い狼」 | トップページ | 『おとなの子守唄』…ラブホCM »