« 中国超人インフラマン (未公開) | トップページ | ネバー・サレンダー 肉弾凶器 »

爆破3秒前

外国のスパイ映画が流行った頃、日本映画でもそれを意識した作品が製作された。日活では石原裕次郎の『夜のバラを消せ』が製作され、裕次郎のライバルでもあった小林旭も負けじと挑戦した。大藪春彦の原作「破壊指令No.1」を井田探監督が映像化したハードボイルド・アクションである。

内務局諜報部の破壊工作員・矢吹(小林旭)は、戦時中に日本軍が某国から略奪した宝石を横領した犯人である高島を追跡するという任務を命じられる。高島のボディガードとして矢吹のかつての同僚・山脇(高橋英樹)が雇われていたのであった。矢吹は、この宝石を狙う国際宝石密輸シンジケートに宝石の在処を知らせて高島側と争わせ、そのパニックに乗じて宝石を爆破させることを目論むが…。

見所は、何と言っても小林旭がバツグンの運動神経を発揮させて危険なスタントに挑むという身体を張ったアクションの数々だ!!特にビルからビルへ飛び移るシーンは、まさにツーカイであり、脱帽モノだ!!他にもロープを伝って滑り降りるシーンなど、アキラの軽やかなアクションがとにかく好印象だ!!アキラと高橋英樹による殴る蹴るの格闘シーンも男の闘いを感じさせる!!

後半になると地雷による爆破が連続し、マシンガンの威勢の良い銃声と飛び交う無数の銃弾という具合の大銃撃戦、アキラが手榴弾を投げ込んで廃屋を爆破させたり…といった見応え十分のアクション演出が存分に味わえるのだ!!

敵キャラの葉山良二や名和宏、妖艶を武器にアキラに迫る應蘭芳、高橋英樹扮する山脇の彼女役の高石かつ枝ら脇役陣も好演!!

|

« 中国超人インフラマン (未公開) | トップページ | ネバー・サレンダー 肉弾凶器 »

日本映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/39702727

この記事へのトラックバック一覧です: 爆破3秒前:

« 中国超人インフラマン (未公開) | トップページ | ネバー・サレンダー 肉弾凶器 »