« 博徒百人 | トップページ | センチュリアン »

博徒百人 任侠道

高橋英樹主演、野村孝監督による任侠アクションの第二弾。ストーリー、役名等は前作とは一切繋がりはないが、高橋歌唱の主題歌「博徒一代」と脇を固める宍戸錠、藤竜也、嵐寛寿郎、安部徹は同じ。前作の小林旭、二谷英明、和泉雅子は登場しないが、代わって南田洋子、梶芽衣子、葉山良二、水島道太郎、中丸忠雄と相変わらず豪華キャストなのが魅力。

石津一家の代貸となった梶岡清太郎(高橋英樹)は、賭場にて石津の縄張りを乗っ取ろうと企む三木本と笹井の罠にハメられ、三木本を負傷させ、一年の所払いを喰らって旅に出る。石津親分(水島道太郎)は連合会を辞退したが、再選の席で三木本らに恥をかかされた挙句、その子分どもに殺されてしまう。その後も石津組には嫌がらせが続き、清太郎が戻ってきてからも唯一の稼ぎ場所である石切場が放火されたりとエスカレートするばかり。清太郎は親分衆が集う花会に単身で乗り込み、三木本と笹井に復讐する。

前作同様、クライマックスの殴り込みが最高に面白い。敵も役名は違うが安部徹たち。このシーンにて高橋、藤竜也、宍戸錠、梶芽衣子の四大スターが揃うのも前作同様だが、唯一の女性登場が目先を変えたところ。また、前作では敵キャラだった宍戸錠が今作では見方側なのだ!!

|

« 博徒百人 | トップページ | センチュリアン »

日本映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/39779725

この記事へのトラックバック一覧です: 博徒百人 任侠道:

« 博徒百人 | トップページ | センチュリアン »