« 死霊の棲む館 | トップページ | 悪魔の改造人間 »

復讐の処刑コップ

ランドル少年はピクニックを楽しんでいる最中、父母妹をギャング一味に殺害されてしまう。二十五年後、刑事となったランドル(マイケル・パレ)は父の友人でもある先輩警部が殉職の際に家族殺害の真相を聞かされ、復讐を開始する…というお話で監督はヨッシー・ウェイン。

冒頭で家族殺しシーンをじっくりと描いた直後、ド派手なアクションシーンが展開され、じっくりと楽しませてくれる。戦争映画で見かけるような市街地攻防戦から工場の中での大爆撃戦という内容だが、やたらと銃弾が飛び交い、やたらと大爆破炎上し、高所から落下したり火だるまになる敵連中というハードなシーンが繰り広げられる!!その後も随所にド派手なドッカンドッカン大爆破炎上、銃撃戦、ちょっとしたカーチェイスが観られ、クライマックスまでこのようなシーンが連打されていくのだ!!

アクション映画の三大要素である爆破・銃撃戦・カーチェイスが押さえられているのは良いが、無意味なアクション演出の度が過ぎている!!しかも、大味!!ストーリーなんてあってないようなモノ!!とにかく荒唐無稽なド派手アクションを存分に堪能したい方には嬉しくてたまらない作品!!そうでない方にはキツいこと間違いなし!!アクションだけを強化して中身がない作品群の一つだ!!

火薬やガソリンをかなり使い込んでいる本作…『西部警察』で絶好調だった頃の石原プロ=石原軍団と近いモノがあるな…。

Photo

|

« 死霊の棲む館 | トップページ | 悪魔の改造人間 »

外国映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/40250502

この記事へのトラックバック一覧です: 復讐の処刑コップ:

« 死霊の棲む館 | トップページ | 悪魔の改造人間 »