« 新宿アウトロー ぶっ飛ばせ | トップページ | サハラクロス »

地獄甲子園

「月刊少年ジャンプ」にて連載されていた漫☆画太郎の原作を実写化したスポ根スプラッター・アクション・コメディーで、監督は本作でデビューを飾った山口雄大。

星道高校野球部は甲子園出場が決定したが、予選で対戦する外道高校は野球を殺しができるゲームと捉える殺人集団。星道高は、三年前に外道高の残酷極まりないやり口で散々な目にあった。ある日、転校生の野球十兵衛(坂口拓)がヤンキー相手に凄まじい喧嘩をしているところを校長兼野球部監督が目撃し、野球部にスカウトする。両校が甲子園を目指して壮絶な喧嘩野球を繰り広げるのであった。

本作では、我々が知っている野球…描かれていない!!野球を意識したケンカバトル、殺し合いが描かれるのだ!!それが、本作最大の見せ場なのである!!ワイヤーやCGを駆使し、原作がマンガだけにマンガチックな荒唐無稽ぶり全面に押し出して描かれるのだ!!

また、面白可笑しいギャグも散りばめたり、ユニークなキャラクターの個性もしっかりと浮き彫りにしたり…というように面白い作品を作るための努力や創意工夫がしっかりとなされているのだ!!まぁ、明らかに好き嫌いが分かれるような作風ではあるが、そういったポイントは高く評価したい!!

特筆すべきポイントは、ババァ役の三城晃子が坂口拓を相手に凄まじいアクションを披露するシーンだ!!三条はアクション経験がまったくない年配女性だが、このシーンのために訓練に訓練を積み重ねて撮影に臨んだとのこと!!それだけに隙や不自然さは観ていて感じられなかった…。

アクションとおバカな描写を楽しむ作品!!あくまでも野球を期待しないように!!

 地獄甲子園 <通常版>

|

« 新宿アウトロー ぶっ飛ばせ | トップページ | サハラクロス »

日本映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/40881010

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄甲子園:

« 新宿アウトロー ぶっ飛ばせ | トップページ | サハラクロス »