« 人喰海女 | トップページ | 御用牙 »

拳銃残酷物語

大藪春彦の原作を古川卓巳監督が映像化したクライム・サスペンス・アクション。主演の宍戸錠は、本作の前年に同じく大藪原作の鈴木清順監督作『野獣の青春』でハードボイルドに挑戦し、新境地を開拓していた。

妹・梨枝(松原智恵子)を交通事故で一生車椅子生活にさせた男を同じ目で仕返してムショ送りになった登川が出所。その彼にある男が日本ダービーの売上金を積んだ現金輸送車襲撃を襲撃し、一億二千万円の大金を強奪するという計画を持ちかける。妹の治療費を稼ぐことを目的にこの計画を引き受けた登川は、昔からの友人である白井(小高雄二)、寺本(草薙幸二郎)、岡田(井上昭文)の三人の仲間と作戦を実行。大金強奪計画は成功したが、その後、仲間割れが生じ、壮絶なバトルが展開される。

元ネタがスタンリー・キューブリック監督の名作ギャング映画『現金(げんなま)に体を張れ』をモデルにしていることが丸わかりのストーリー。第一の見せ場である現金輸送車襲撃シーンまではクライム・サスペンス劇。本作の面白さを最大限に発揮するのは四人の仲間割れ以降。登川は組織からタダ利用されただけと知ってからは、登川の組織に対する復讐劇が描かれ、凄まじい銃撃戦という見せ場が観る者をしっかりと楽しませてくれる。

モノクロ映像で50年代のアメリカ製ギャング映画を彷彿させる世界観は、実にクールでスタイリッシュだ!!

|

« 人喰海女 | トップページ | 御用牙 »

日本映画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/41701004

この記事へのトラックバック一覧です: 拳銃残酷物語:

« 人喰海女 | トップページ | 御用牙 »