« サンテレビ土曜深夜アダルト・バラエティー枠CM集PART-Ⅲ | トップページ | 安藤昇のわが逃亡とSEXの記録 »

『無頼』より大幹部

藤田五郎の原作「無頼 ある暴力団幹部のドキュメント」を舛田利雄監督が映像化した本作は、日活ニューアクションの先駆け的作品。渡哲也扮する一匹狼的なヤクザ“人斬り五郎”のアンチヒーローぶりを活写。

水野一家の世話になっている藤川五郎(渡哲也)は、対立する愚連隊上がりの上野組に弟分の鈴木(藤竜也)&藤川(浜田光夫)とムショ時代の先輩・杉山(待田京介)を殺されたことから、単身で殴り込みをかける…というお話。

ストーリーは五郎と彼を慕う雪子(松原智恵子)をメインに展開。個々のストーリーを織り成す豪華な演技人はナイスなスパイス。敵対する上野組長(青木義朗)は冷酷さと非情さを併せ持てば、代貸のドス健(深江章喜)は男気を発揮。また、川地民夫扮する上野組々員・藤川勇の弟は五郎の弟分である猛夫!そんな2人の対決シーンこそ異色の兄弟ゲンカ!!

黒い革ジャンに身を包んだ五郎がドスを片手に大立ち回り。大雨ドシャ降りの中、無数のチンピラを相手に斬って刺して殴る蹴る!足を刺されてピンチに陥っても闘い続ける武闘派ヤクザ五郎は、クライマックスでは上野組を潰しにかかる勢いでナンバー1上野を真っ先に刺し、続いてドス健を刺殺。この知らせを聞いた組員が続々と流れ込んで大乱闘!!凄まじいバトルが繰り広げられる一方、ナイトクラブのステージでは青江三奈が「上海帰りのリル」を歌唱。アクションを盛り上げる曲ではないけど、このミスマッチが好印象。

実録テイストのヤクザ映画と言えば東映のイメージが強烈だけど、日活の『無頼』シリーズの方が随分と早かったみたい…。まぁ、生々しさやドギツいシーン、エネルギッシュな作風は東映の作品群の方がウワテやね~(笑)

|

« サンテレビ土曜深夜アダルト・バラエティー枠CM集PART-Ⅲ | トップページ | 安藤昇のわが逃亡とSEXの記録 »

日本映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/51385809

この記事へのトラックバック一覧です: 『無頼』より大幹部:

« サンテレビ土曜深夜アダルト・バラエティー枠CM集PART-Ⅲ | トップページ | 安藤昇のわが逃亡とSEXの記録 »