« 黄金のプロジェクター | トップページ | ライブ・ワイヤー »

マイホーム・コマンドー

アントニオ猪木を“舌出しKO”させたり、近年は盗撮されたプライベート・セックスがネット上に流出したことが記憶に新しい人気プロレスラーのハルク・ホーガンが主演したSFコメディー・アクションで、監督はいろんな西部劇を世に送り出してきたバート・ケネディ。ちなみにホーガンは、製作総指揮も兼任。

銀河系十字軍の戦士シェップ(ハルク・ホーガン)は上司の指示で地球で休暇をとることに!建築家チャーリー(クリストファー・ロイド)宅で下宿することになったシェップは、ひょんなことが原因で銀河系から2人の賞金稼ぎが刺客として送り込まれ、激闘を強いられることに……。

ホーガン扮するシェップの慣れない地球での行動が笑いのツボ。宇宙戦士姿で街を歩けば人々の失笑を買い、少年のスケボーを大空まで投げ飛ばしたり、路上販売のババァに熟したメロンをオススメされるや片手でグチャッ!と握りつぶしてしまったり、チャーリー宅での食事では無作法な食い方…リング上や過去に出演した作品では観られなかったホーガンのコミカルな面が楽しめるぜ!!

ホーガンならではのカラダを張ったアクションシーンも忘れずに描かれ、ファンならこっちの方が興味深いハズ。殴る蹴るはもちろん、レスラーらしく相手を担ぎ上げたりと存分に暴れまくってるけど、ご自慢のアックスボンバーをはじめとするプロレス技は一切ナシ!!

クリストファー・ロイドもシェップの常識を超えた行動に悩まされる気が小さい真面目人間チャーリーを好演し、シェップとチャーリーの友情も微笑ましいね~。

『ロッキー3』でシルヴェスター・スタローンと共演済みのホーガン…個人的には『エクスペンダブルズ3』に出演して久々の映画復帰を希望している。いや、久々に日本のプロレスのリングにも上がって凄まじい試合をやってのけてほしいな!!


|

« 黄金のプロジェクター | トップページ | ライブ・ワイヤー »

外国映画 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/51163909

この記事へのトラックバック一覧です: マイホーム・コマンドー:

« 黄金のプロジェクター | トップページ | ライブ・ワイヤー »