« スイーツ招待席④「デビルズチョコケーキ」by『ファミリーマート』 | トップページ | くノ一忍法帖 (Vシネマ) »

女バトルコップ (Vシネマ)

『ロボコップ』人気に便乗して作られた『機動刑事ジバン』は子供向けの特撮ヒーロー番組だったが、オトナ向けの特撮Vシネマして作られたのが『女バトルコップ』。て言うか、『ロボコップ』って東映のメタルヒーローシリーズの代名詞『宇宙刑事』シリーズ(ギャバン、シャリバン、シャイダー)の影響を受けて作られたから、遠まわしに言えば『ジバン』も『女バトルコップ』も元ネタは『宇宙刑事』シリーズと言っても良いだろう…。監督は、同時期に『ジバン』を手懸けていた岡本明久。ちなみに、『宇宙刑事』シリーズのコム長官役でおなじみの西沢利明も出演してるぞ!

近未来のサイバー都市“ネオTOKYO”を制圧しようとする悪の組織“カルテル”に対抗するべく、国立研究所の研究主任・小泉はロボ警官開発を進めていた。が、研究所は爆破され、小泉と彼のカノジョの御子柴かおるは大ピンチに!最強女戦士バトルコップと化したかおるは、カルテル壊滅に向けて激闘を繰り広げる。

低予算のVシネだけど、特撮アクションということで派手なシーンが満載。冒頭、バーでカルテルの連中がマシンガンをブッ放しての大虐殺に始まり、研究所が盛大に大爆破炎上!そして、カルテルが作り出した超常能力者アマデウスとバトルコップの死闘。マッチョな怪力野郎アマデウスの超能力パワーでバトルコップが宙を舞って苦戦を強いられるが、後半では見事に退治。他にもアクションが満載。小泉の友人でカルテルを追う西城刑事は、銃器を積載したトラックを車で追走するが、カルテル隊員が乗り込んだ白い乗用車が並走。銃撃された上に車内に手榴弾を投げ込み、西城は見事に脱出!車はドッカーン!!銃をガンガンブッ放すシーンもそれなりにあって、とにかくツーカイだ。

見せ場いっぱいだから、大人はもちろん、小学生男児ぐらいでも楽しめる傑作だな。

|

« スイーツ招待席④「デビルズチョコケーキ」by『ファミリーマート』 | トップページ | くノ一忍法帖 (Vシネマ) »

日本映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/57677520

この記事へのトラックバック一覧です: 女バトルコップ (Vシネマ):

« スイーツ招待席④「デビルズチョコケーキ」by『ファミリーマート』 | トップページ | くノ一忍法帖 (Vシネマ) »