« 祝!『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』DVD化!! | トップページ | スイーツ招待席④「デビルズチョコケーキ」by『ファミリーマート』 »

タカラ『燃える闘魂プロレスゲーム』新日本プロレスのボードゲーム

Photo


ついにゲットしたぜ!「燃える闘魂プロレスゲーム」。そう、新日本プロレスのボードゲームなんです!!まぁ、『ワールドプロレスリング』のボードゲームと言っても良いぐらい(笑)。パッケージには『ワールドプロレスリング』の表記は一切ないけど、一番右下に小さく新日本プロレス株式会社とコピーライト表記が!

パッケージにはアントニオ猪木、藤波辰巳(現・藤波辰爾)、初代タイガーマスク(そう、中身は佐山聡!)、アンドレ・ザ・ジャイアント。80年代、テレ朝系『ワールドプロレスリング』が金曜夜8時(7時半の『宇宙刑事』三部作と9時の『ザ・ハングマン』シリーズ等の間。)から放送、全国民がブラウン管の前でふんぞり返っていた全盛期の黄金メンバーやね。猪木がアンドレやハルク・ホーガンらと死闘を繰り広げば、藤波と長州力が“名勝負数え歌”と銘打ってやり合い、ラッシャー木村率いる“はぐれ国際軍団”が猪木を挑発して1対3のハンディ戦、そしてタイガーマスクの四次元殺法が子供たちを熱中させ、これらの名勝負を古舘伊知郎がご自慢の名調子で実況。そんな当時の新日本プロレス人気は、一昔前のK-1のゴールデンタイム放送や大晦日の格闘技中継番組乱立の原点といっても良いだろう。

現在の新日本プロレス…親会社がカードゲーム会社のブシロードに変わってから、人気再燃したよな。で、プロレス界は人気も名実ともに新日本プロレスがNo.1や!K-1やPRIDEなどの総合格闘技が主流となった頃、異種格闘技戦も得意とする新日本はそれらの影響をモロに受けてボブ・サップや高阪剛ら格闘ファイターを参戦させ、総合ルールやK-1ルールでの試合を行うなどして従来のプロレスファンを失い、数年間は暗黒時代に悩まされてたもんな。けど、棚橋弘至や中邑真輔、真壁刀義らの大活躍がそんなマイナス要素を覆し、再建させたからスゴいよな。さすが、業界最大手の新日本や!!

今は、ブシロードから新日本プロレスのカードゲーム「キング・オブ・プロレスリング」略して“近プロ”が好評やけど、ボードゲームを出すならパッケージには大人気のオカダ・カズチカはもちろん、棚橋、中邑、真壁、後藤洋央紀、内藤哲也、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学の写真が入るんやろうなぁ・・・。

これでプロレスのボードゲーム(もう一つは、以前紹介した「激突 全日本プロレスゲーム」)は揃ったな。て言うか、全日本のボードゲームに比べたら、パッケージは2回りほど小さいよな。コレ、案外持ち運びとかに便利でいいやん!

とにかく新日本と全日本のボードゲーム、最近はあんまりヤフオクでも出回らないし、結局はそこそこ高値で落札することになるからプレミアモノやで!!

|

« 祝!『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』DVD化!! | トップページ | スイーツ招待席④「デビルズチョコケーキ」by『ファミリーマート』 »

TV番組系ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/57637538

この記事へのトラックバック一覧です: タカラ『燃える闘魂プロレスゲーム』新日本プロレスのボードゲーム:

« 祝!『大激闘マッドポリス’80』&『特命刑事』DVD化!! | トップページ | スイーツ招待席④「デビルズチョコケーキ」by『ファミリーマート』 »