« タカラ『オレたちひょうきん族 懺悔ゲーム』 | トップページ | 「週刊実話」にて『デコトラギャル』&『ダンプガール』ネタ »

ストーン・コールド

NFL(アメフトね!)のスター選手だったブライアン・ボズワースの映画デビュー作。

停職中の刑事ジョー・ハフはFBIにスカウトされ、ムショ帰りのジョン・ストーンという男になりすまし、チェインズをボスとする極悪暴走族“ブラザー・フッド”に潜入するが…。

前半は、ワル丸出しの野郎どもがカッコいいハーレーを乗り回すシーン、ストリップバーなどでオンナどもが露出しまくるシーンが目立つ(苦笑)。でも、ハーレー軍団はバイク好きにはたまらんハズ!

で、中盤あたりからド派手な爆破シーンも味わえる。ジョーが仲間の刑事と立ち話中、元々ジョーを怪しく思っていたデブがマシンガンで銃撃したため、2人でバイクチェイス!デブのマシンガン攻撃でパトカーが大爆破すれば、車が次々とクラッシュ!!その後、ジョーはヤクを積載したトラックでヤツらをハメようとするシーンでトラックのコンテナがドッカ~ン!この計画はミスった上についにジョーの身元がバレバレに…(汗)。

クライマックスは、大掛かりなハード・アクションの連チャン!!ジョーは、時限爆弾とともにヘリで連れ去られるが、何とかこのピンチを切り抜ける。そして、ワルどもに占拠された上に恐怖の大殺戮が真っ只中の裁判所に乗り込み、ワルどもをマシンガンで蹴散らす!ワルのバイクが窓を突き破ってヘリに激突してドカンと大炎上!!最後は、ジョーがチェインズをボコってメデタシ…。

日本ではヒットしなかったけど、本国アメリカでは大ヒットを記録!ちなみに、ボズワースが主演の『ストーン・コールド2』&『ストーン・コールド’98』は、本作の正式な続編じゃないっすよぉ!!て言うか、ボズワースって今は何してはるのかなぁ?!

|

« タカラ『オレたちひょうきん族 懺悔ゲーム』 | トップページ | 「週刊実話」にて『デコトラギャル』&『ダンプガール』ネタ »

外国映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/58727575

この記事へのトラックバック一覧です: ストーン・コールド:

« タカラ『オレたちひょうきん族 懺悔ゲーム』 | トップページ | 「週刊実話」にて『デコトラギャル』&『ダンプガール』ネタ »