« 「週刊実話」で海外ポルノ映画を特集! | トップページ | 「週刊実話」にて“菅原文太・高倉健さん抗争グラフィティ”執筆! »

黒帯ドラゴン

『燃えよドラゴン』のロバート・クローズ監督が同作に出演した黒人カンフー・スターのジム・ケリーを主役に据え、当時のアメリカでブームだったブラックス・プロイテーションとカンフー映画の融合を試みた傑作がコチラ。

ニューヨークのマフィアのボス=ドン・ステファノは、黒人の老いぼれバードが開いている空手道場の土地を狙う。彼の旧友のジョーンズがコイツらをカラテで蹴散らす…というベタなお話。

まぁ、とにかく随所に格闘シーンが散りばめられているので、アクション映画ファンを飽きさせない!OPクレジットより、ジム扮するジョーンズが警察署前で銃を持った中国系のワルどもを難なくバッタバッタと蹴散らす。その後、ステファノから土地の権利書を奪うように命じられた黒人街の顔役ピンキーらがバード道場へ道場破りにやって来たが、練習生らの返り討ちに!懲りないコイツらは2度目の道場破りにやってくるが、今度はジョーンズにボッコボコに…。前半だけでも格闘アクションがたっぷりと味わえるのがゼイタクだ。

で、バードがピンキーに殺されてからは、バードの娘シドニーが登場するが、彼女もオヤジ譲りのカラテを披露!ピンキーが経営するビリヤード場に押しかけて配下のワルをボッコボコに蹴散らす様子は、『ダイナマイト諜報機関クレオパトラ』のタマラ・ドブソン扮するクレオパトラ・ジョーンズ、『コフィー』や『フォクシー・ブラウン』などでお馴染みのパム・グリアに負けないほどのブラック・ヒロインと言ってもイイほど。

最後は、洗車場を舞台にした格闘アクションの連チャン。ジョーンズが洗車用の液体石鹸装置をブッ壊して周囲を泡まみれにしてから、ワルどもを次々と蹴散らす。で、シドニーがコイツらをゴミ収集車のホッパーに放り込む!それにしてもだ…やたらと急所攻撃(金的)シーンが多いので、つい股間を押さえて悶絶したくなる人もいるのでは?!

Photo

|

« 「週刊実話」で海外ポルノ映画を特集! | トップページ | 「週刊実話」にて“菅原文太・高倉健さん抗争グラフィティ”執筆! »

外国映画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/61977857

この記事へのトラックバック一覧です: 黒帯ドラゴン:

« 「週刊実話」で海外ポルノ映画を特集! | トップページ | 「週刊実話」にて“菅原文太・高倉健さん抗争グラフィティ”執筆! »