« 『週刊実話』で「銀幕デビュー60周年 今、蘇る! 石原裕次郎の艶姿」を執筆!映画『黒部の太陽』&『栄光への5000キロ』からTVドラマ『大都会』&『西部警察』 | トップページ | スイーツ招待席⑰「蒸し栗のモンブラン」などby『パティスリー ガロ』 »

スイーツ招待席⑯「TRUFFLE」by『ショコラティエ バラノフ』

神戸は元町のチョコレート専門店『ショコラティエ バラノフ』「TRUFFLE」(トリュフ)は、色んな酒を使っていて、うまいっす!

Dscn1650


1907年にロシアで生まれたチョコレートブランドが、'15年12月に神戸で復活したんですって…。

まずは、色んな酒とコラボした「TRUFFLE」や!

Dscn1649

上段は、左からドンペリ、ヘネシー。下段は、左からウォッカにコーヒーリキュール。
ドンペリは1ヶ580円やけど、他は各420円。

まぁ、一口噛めば、柔らかい噛み応えやな。いくら、ロシア発祥のチョコとは言え、日本人向けに作られているので、甘さ控えめ。
で、ほのかに酒の風味が漂うから、心地が良いんですよ!
まさに、オトナの味やね!!
チョコと酒って相性バッチリやね。違和感なんか全然ない。
ワインとかブランデー、ウイスキー飲みながら、チョコを肴にするヤツもおれば、ブランデーボンボンとかウイスキーボンボンやら赤ワイン入りのチョコがあるぐらいやから、当然やな…。
ホンマに上品なチョコや。
て言うか、酒が弱いとか苦手とか言う人でも、まぁ大丈夫やと思う。チョコが好きであればの話やけど(笑)。

次は、フツーのノンアルコールの「TRUFFLE」や!

Dscn1657

左から、アールグレイ、ビター、キャラメル、アーモンド、ミルククリーム。
各380円。

酒が苦手な人のためにフツーのチョコも用意してるとのこと。
コレもまた美味しいです!

値段はどれもチョイ高めやけど、見た目も味も格調高い仕上がりのチョコにマッチしてると断言してよろしい。

とにかくチョコの種類はバラエティー豊富。日本人向けのワサビ味や桜味、さらにバラ味といった変わったテイストも楽しめる!

神戸でチョイ贅沢なチョコを喰いたい人は、「バラノフ」へ!!



「ショコラティエ バラノフ」

兵庫県神戸市中央区栄町通3丁目6−16
営業時間:AM11:00~PM9時
TEL:078-599-9733

|

« 『週刊実話』で「銀幕デビュー60周年 今、蘇る! 石原裕次郎の艶姿」を執筆!映画『黒部の太陽』&『栄光への5000キロ』からTVドラマ『大都会』&『西部警察』 | トップページ | スイーツ招待席⑰「蒸し栗のモンブラン」などby『パティスリー ガロ』 »

スイーツ招待席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/64521879

この記事へのトラックバック一覧です: スイーツ招待席⑯「TRUFFLE」by『ショコラティエ バラノフ』:

« 『週刊実話』で「銀幕デビュー60周年 今、蘇る! 石原裕次郎の艶姿」を執筆!映画『黒部の太陽』&『栄光への5000キロ』からTVドラマ『大都会』&『西部警察』 | トップページ | スイーツ招待席⑰「蒸し栗のモンブラン」などby『パティスリー ガロ』 »