« 「レベル9 VOL.21」にて、“プロレス伝説の不穏試合10”を執筆! | トップページ | 「封印発禁TV DX ’16秋の大感謝祭 超拡大号」でオナペット映画特集を担当 »

「封印発禁TV 2016 盛夏ギラギラ号」にヤンキー映画特集が再録!

今月8日(月)に発売された「封印発禁TV 2016 盛夏ギラギラ号」(ミリオン出版)にて、以前に「レベル9 VOL.20」(ミリオン出版)に掲載されたヤンキー映画特集が再録されてます…。

再録ってことで、高橋英樹主演で鈴木清順監督作の『けんかえれじい』とか島田紳助・松本竜介が主演した井筒和幸監督の『ガキ帝国』、石井岳龍が石井聰互時代に監督した未だに根強いファンを持つ『狂い咲きサンダーロード』など9作品がほぼまんま掲載されてるんです。でも、石原裕次郎のデビュー作としても有名な元祖ヤンキー=太陽族がネタの『太陽の季節』は掲載されず、アノ有名な『ビー・バップ・ハイスクール』に関するネタに差し替えられてます(笑)。

とにかく、「レベル9 VOL.20」を買い損ねたヤンキー映画ファンは、コンビニや書店でご一読下さい。まぁ、どっちもWEBで購入することが可能なんですけどね…(笑)。

そして、現在は「レベル9 VOL.21」がコンビニや書店で発売中です。こちらは今月の16日(火)に発売されたんですわ!

私がプロレス不穏試合を10試合取り上げて、執筆しました。アントニオ猪木VSモハメド・アリをはじめ、力道山VS木村政彦の“昭和の巌流島”、橋本真也VS小川直也の“1・4事変”とか、問題視された試合ばかりです。プロレスや格闘技のスキャンダラスな面に興味ある方、ぜひともご一読下さい。

|

« 「レベル9 VOL.21」にて、“プロレス伝説の不穏試合10”を執筆! | トップページ | 「封印発禁TV DX ’16秋の大感謝祭 超拡大号」でオナペット映画特集を担当 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/67132249

この記事へのトラックバック一覧です: 「封印発禁TV 2016 盛夏ギラギラ号」にヤンキー映画特集が再録!:

« 「レベル9 VOL.21」にて、“プロレス伝説の不穏試合10”を執筆! | トップページ | 「封印発禁TV DX ’16秋の大感謝祭 超拡大号」でオナペット映画特集を担当 »