« ザ・ダメージ(『スティーヴ・オースティン ザ・ダメージ』 日本未公開) | トップページ | 麺の招待席①「鶏×鶏 濃厚ラーメン」by『大杉製麺』 »

ジャンク 死と惨劇

邦題通り、死と惨劇の映像を寄せ集めただけの悪趣味なモンド映画(擬似ドキュメンタリー)。監督のコナン・ル・シレール(ジョン・アラン・シュワルツの変名で、脚本担当のアラン・ブラックもコイツと同一人物!)は、本作も特撮を使った疑似だと後年に語った。

製作の音頭を取ったのは、後に安達かおるとして多数のAV作品を世に送り出す三枝進がFOD(フェイス・オブ・デス)プロダクションという架空の製作会社をデッチ上げ、カタチとしてはアメリカ映画だけど、日本が出資して作り上げたとのこと…。まぁ、本作が劇場公開された当時は「インチキなドキュメンタリー映画=イタリア製作」という印象が強かったため、映画誌ではフツーにイタリア映画として紹介されてたけどな(苦笑)。

まぁ、とにかく死体のオンパレード!開巻から人体解剖シーンが映し出され、内臓がモロ見えでキモ過ぎ!!さらに、牛や羊の屠殺も…。さらに、動物愛護団体がブチ切れ必至のドン引き問題シーンが展開。ある飲食店で女が踊った直後、テーブルに一匹のモンキーが差し出され、お客は小さなハンマーで頭部を殴りまわし、頭皮を剥ぎ、頭部を切り開いて脳ミソを食うシーンだけど、もぅコレこそグロのキワミだな…。

他に、殺人犯の黒人青年がガス室で処刑され、30前半の殺人犯の電気椅子処刑、映画スタントマンの事故死、トラックにはねられて車輪に体を巻き込んで死んだ女、大列車事故による痛々しい遺体の数々、コレラに苦しむ難民、ワニに食い殺された男、飛び降り自殺者、女性たちの前で火ダルマになってバタバタもがく焼身自殺者…とにかく不謹慎かつ残酷極まりない過激シーンの連チャンで、思わず目を背けたくなるシーンばかり。

劇中に登場するストーリーテラー的存在の病理学者は、「死について考えよう!」とかほざいおり、一見は“生物の生と死”が作品の根底にあって観る者に疑問を投げかけているかのように思える。でも、本作は死体や惨劇シーンを見世物的にダダ流ししたトンデモない最低おバカ映画だ!

モンド映画がワンサカ公開されていた当時の日本では、話題が話題を呼んでヒットを記録し、当然の如く続編も公開された。ただし、シリーズ三作目以降は劇場未公開のビデオスルーだった…。ビデオリリース時はレンタル店でも高回転を記録し、同趣向の作品がリリースされ、一部の間で支持された。

|

« ザ・ダメージ(『スティーヴ・オースティン ザ・ダメージ』 日本未公開) | トップページ | 麺の招待席①「鶏×鶏 濃厚ラーメン」by『大杉製麺』 »

外国映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/68156585

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク 死と惨劇:

« ザ・ダメージ(『スティーヴ・オースティン ザ・ダメージ』 日本未公開) | トップページ | 麺の招待席①「鶏×鶏 濃厚ラーメン」by『大杉製麺』 »