« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

「週刊実話ザ・タブー」で“映画『ジャンク』の衝撃場面”執筆!

本日発売の「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)で、“よみがえるショッキング映像 映画『ジャンク』の衝撃場面”と題して、悪趣味系モンド映画『ジャンク』シリーズに関する簡単なコラム的なものを執筆しました。

ちなみに、「週刊実話」は何度も映画ネタを執筆しておりますが、増刊号の「ザ・タブー」は初めて携わりました。

『ジャンク』全シリーズの各レビューではなく、シリーズ全体を大まかに紹介したベタなコラムみたいな感じです。

『ジャンク』シリーズ全6作は今年の秋にDVD‐BOXが発売されましたので、全作を鑑賞した方はもちろん、一度も観たことがないけど興味あるという方は、ご一読下さい。

「週刊実話ザ・タブー」、書店やコンビニなどで発売中です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツ招待席㊳「新ジャンボシュークリーム」by『銀座コージーコーナー』

1948年に東京は銀座6丁目に一号店をオープンして以来、全国で594店舗も構えている洋菓子店の老舗「銀座コージーコーナー」
大阪だけでも、阪急三番街の地下2階をはじめ、計5店舗ございます。
今回は昨年の発売30周年の節目を機に、2月にリニューアルされた「新ジャンシュークリーム」(税込124円)を紹介しよう!

「新ジャンボシュークリーム」Kimg0224 内装から取り出すと…Kimg0225で、早速食ってみた。Kimg0226 バニラビーンズが入っているだけに、バニラの風味が漂うと同時に、卵&ミルクの素材の風味もしっかりと活かしたカスタードがギッシリ。コレがシュー皮によく絡み合い、一体化する。決して、カスタードの味を崩さない脇役がシュー生地なのだ。
シュークリームって、一口食うたら中身がトロッと飛び出すのが難点だったりするけど、この「新ジャンボシュークリーム」は配合を変えたことで、柔らかすぎないカスタードに仕上がっているので、勢い余って飛び出すことはさほどない。

発売以来、多くの方々に愛されている定番のシュークリーム。シュークリームが好きなヤツは、ぜひ一度ご賞味あれ!

ちなみに、新日本プロレススイーツ真壁刀義を中心に、所属レスラーたちも絶賛!他に、映画監督の渋谷悠、TVでお馴染みの假屋崎省吾ら多くのスターにも愛されてます。スゲェよな!!

「銀座コージーコーナー 阪急三番街店
大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2F
TEL:(06)6376-8110

そして、スイーツ真壁が「新ジャンボシュークリーム」をオススメする動画も一挙紹介!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツ招待席㊲「ベリーとクリームチーズのパンケーキ」by『カフェ&ブックス ビブリオテーク』

今回は、梅田のイーマ地下1Fのカフェ『カフェ&ブックス ビブリオテーク 大阪・梅田』にオジャマしたっ!
で、オーダーしたのは人気の「ベリーとクリームチーズのパンケーキ」(1,100円)や!!

「ベリーとクリームチーズのパンケーキ」Kimg0214 イチゴ果肉が入ったベリーソースをテッペンにブッかけて食うんや。Kimg0215 クリームチーズ、ホイップクリーム、バニラアイスがドォ~ンと天盛りされてます。
バニラアイスは黄色がかっていてわかりやすいけど、クリームチーズとホイップがわかりにくいな(笑)。
まぁ、そんなことは気にせんと食えば良いんや。
パンケーキは三枚重ねで、焼きたてだからアツアツ!なんと、生地にはヨーグルトが練り込まれてるんやて…。
表面は少しカリッとしてて、中身は若干モチッとしてるけど、基本的にはふっくらしてるって感じやな。
最下部のパンケーキの周辺には、ブルーベリーとフランボワーズが盛り付けられてます。
まずは、三種のクリームのトリプルプレイや!アツアツのパンケーキを冷ややかにするバニラ、クリームチーズとホイップが混ざり合えばチーズの風味を活かしつつも爽やかな甘さが味わえる。
で、トドメはベリーソースやブルーベリー、フランボワーズのベリー三重奏。
これらも同時に食えば、スッキリとした甘酸っぱさがサイコーにうまいっす!
コイツはマジで食べ応えバツグンの贅沢な一品や!!

大阪のイーマビルの7Fは、ブルク7ていう映画館や。映画観た後にコイツを食うたら充実した一日になること請け合い。
店内は落ち着いた感じで、洋書が展示されているからこそ、アメリカンレトロなムードも楽しめる。
パンケーキが自慢のお店やけど、食事メニューも豊富。
この『カフェ&ブックス ビブリオテーク』は東京はルミネ有楽町や自由が丘、九州は福岡と熊本にもございます!そもそも、発祥は有楽町やけどな…。

カフェ&ブックス ビブリオテーク 大阪・梅田
大阪府大阪市北区梅田1-12-6 イーマB1F
TEL:(06)4795-7553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊実話」で東映大江戸エロス特集を担当、映画レビュー執筆!

本日17日発売の『週刊実話』(日本ジャーナル出版)で、“残酷! 変態! 妖艶! 東映「大江戸エロス」の魅力”と題したカラー3ページ特集を担当しました。
東映のお色気時代劇映画を8作品取り上げ、各作品の映画レビュー、“東映お色気時代劇の軌跡”や石井輝男監督に関するコラムも掲載されてます。

東映の時代劇の中でも、エログロ描写が強烈で石井輝男監督が後年に“キング・オブ・カルト”と称されるきっかけとなった『徳川女系図』『徳川女刑罰史』『徳川いれずみ師 責め地獄』の三作品をはじめ、グロさが強烈な『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』といった、エロよりも痛々しくてグロい時代劇映画ばかりです。
でも、大奥がソープランド化っぽくなってしまう『大奥浮世風呂』、フランスのポルノ映画女優サンドラ・ジュリアンを主役に据えた『徳川セックス禁止令 色情大名』といったエロスをトコトン味わえる作品も取り上げてます。

プログラムピクチャー全盛期の頃の東映が作り上げたお色気時代劇に興味ある方、ぜひともご一読下さい!書店やコンビニ、WEBでお買い求めを…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツ招待席㊱「アップルパイ」by『モンディアルカフェ328 ゴールドラッシュ』

夜カフェして来たぞっ!
大阪は北堀江に『モンディアルカフェ328』っていうオシャレなカフェがあるけど、昨年11月22日に姉妹店『モンディアルカフェ328 ゴールドラッシュ』が福島区にオープンしたんすよ…。

オレは早速、「アップルパイ」(420円)「生キャラメルラテ」(500円)をオーダーした。

まずは、「アップルパイ」Kimg0205 店内のレジ横のショウウィンドウにスイーツ&チーズドッグがズラッと並んでるんやけど、アップルパイはそこから取り出して改めて焼いてくれるんや。
まずは、シナモンの香ばしさが美味さに期待を持たせる。
で、パイ生地はアツアツでサクサクッ!
ブツ切りにされたリンゴ果肉もシャリッとしたリズミカルな歯応えが心地良いよな。
真ん中部分は、リンゴ果汁が染込んで、しっとり!!
コイツは単なるアップルパイじゃないっす。
1ヶ420円って煙草と同じ値段やけど、価格にマッチした高水準モノ。

で、「生キャラメルラテ」Kimg0206 このデザインがいぃよな!オシャレや!!自家製のキャラメルソースを使ったホットコーヒーってヤツやな。
キャラメルの甘い香りに癒されるな。
で、シュワシュワとしたアワの優しい口当たり、引き立てならではのビターな味わいとキャラメルのほのかな甘さが絶妙にマッチした粋なラテ。
500円の価値ありやぞっ!!

店内は、チャン姉ばっかりやったけど、野郎どもも遠慮せずに入店して飲み食いしたらえぇぞっ!いやぁ~、マジで美味くてサイコーのひと時やったな…。

モンディアルカフェ328 ゴールドラッシュ
大阪府大阪市福島区福島2-8-22 FUKUDA B.D 1F
TEL:(06)6454-6699
TEL:(050)5589-9176※予約専用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツ招待席㉟「ミルティーユブラン」&「きいろいバウム」by『RAPIN ラファン』

大阪は城東区内に3店舗も構えるパティスリー『RAPIN ラファン』。今回は、本店ではなくて蒲生店に立ち寄った。

早速テイクアウトしたのが、「ミルティーユブラン」(税抜390円)「きいろいバウム」(税抜180円)

まずは、「ミルティーユブラン」。ミルフィーユじゃないぞっ!Kimg0208 ブルーベリーを駆使したクリームチーズケーキ。真ん中がムースだからこそ、シュワシュワの口当たりが最高。ブルーベリーの酸味が若干効いた甘さ、クリームチーズの柔らかな風味が絶妙にマッチ。ブドウで出来た赤ワインとチーズの相性が良いように、スイーツにおいてもブドウの仲間であるブルーベリーと甘くて芳醇なクリームチーズの組み合わせはナイスやね!

続いて、「きいろいバウム」Kimg0212 ホール売りもされてるけど、バラ売りは包装されてます。見る限り、確かに黄色がかってます。Kimg0213 開封すると、まぁ見た目は普通のバウムクーヘン。ふんわり、チョイもっちり、しっとりとした口当たり。もちろん、甘さ控えめ。優しい味わいと食感の王道バウム。シンプルな一品!

ケーキ、焼き菓子ともにバラエティ豊富に揃っている『RAPIN ラファン』。他に、シュークリームもオススメ!
今福西の蒲生店、関目の本店、成育の野江駅前店ともに、夜9時まで営業してます…。

「RAPIN ラファン蒲生店」
大阪府大阪市城東区今福西1-2-1
TEL:(06)6934-2603


RAPIN ラファン本店
大阪府大阪市城東区関目1-12-10
TEL:(06)6936-3455


RAPIN ラファン野江駅前店
大阪府大阪市城東区成育2-2-23
TEL:(06)6932-7798

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツ招待席㉞「ふわふわ天使のブッセ」&「フルーツタルト」by『プレヴェール』

本日、大阪は鶴見のパティスリー『プレヴェール』に立ち寄った。
店頭に「ふわふわ天使のブッセ」(税抜200円)のポップ=ポスターが置いてあったので、即買いを決めた。
で、ショーケースには様々なスイーツどもがズラッと並んでいたので、チョイ迷いつつも色彩感で目立った「フルーツタルト」(税抜430円)をオーダーした。

まずは、お店の自慢の一品「ふわふわ天使のブッセ」Kimg0200

持った瞬間、ふわふわ!優しさと柔らかさが指先に伝わる。可愛らしい天使をイメージして作られたブッセ生地だな…。一口食えば、ふわふわと優しい食感、ギッシリとサンドされたミルククリームの甘さが口一杯に広がり、幸せの余韻に浸ること請け合い。たったの200円ほどでメチャ嬉しい気分にさせてくれる一品。オレは、メチャ気に入ったぞっ!店の前を通りかかった時には、また買って食うぞっ!!

続いて、「フルーツタルト」Kimg0195イチゴ、マスカット、黄桃、イチジクなど色とりどりのフルーツがジュレで固められ、コレだけで十分贅沢や!タルト生地は、しっとりとしてて甘さが強めで、イチゴの酸味を中和させ、スッキリとした後味に…。でも、タルト生地は下部の程よいサクサク感がたまらんなぁ~。

「ふわふわ天使のブッセ」をはじめ、「ふわふわたまごロール」、色んなケーキ、焼き菓子など、うまいスイーツが揃った『プレヴェール』は、今福鶴見駅から徒歩2分で夜23時まで営業!とにかく、「ふわふわ天使のブッセ」は超オススメやぞッ!!


「プレヴェール」
大阪府大阪市鶴見区鶴見4-10-35
TEL:(06)6933-7789

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊実話」で“三回忌企画 高倉健の世界”を担当、映画レビュー執筆!

本日2日(水)発売の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)で、“三回忌追悼企画 高倉健の世界”という3ページの特集企画で健さん出演の東映映画12本のレビューを執筆しました。

11/9にリリースされる新作DVDの中でも、健さんのデビュー作にして初主演作の『電光空手打ち』とその正統的な続編『流星空手打ち』をはじめ、『博徒一家』など任侠ヤクザ映画を取り上げました。

本誌では、前半に健さんネタのページがあるけど、私が担当の映画ページは後半ですわ…。

「週刊実話」で健さんをネタにしたのは、約1年ぶり!昨年は菅原文太とともに、一周忌企画でしたけなぁ~。

とにかく、健さんファンの私にとっては、非常に光栄です。「週刊実話」では、健さん以外に、石原裕次郎安藤昇の特集にも携わりましたけど、とにかく裕次郎&健さん=日本が誇る二大映画スターを取り上げることができたのは、映画ライター冥利に尽きますね…。

某コンビニには、「週刊実話」をはじめ、勝新太郎『御用牙』『エマニエル夫人』などのお色気テイストが味わえる映画を“オナペット映画”と題して作品レビューを執筆した「封印発禁TV DX ’16秋の大感謝祭 超拡大号」(ミリオン出版)トレイシー・ローズパメラ・アンダーソンら海外のポルノ映画女優やプレイメイトら10人の末路などについて執筆した「封印発禁ダークゾーンVol.5」(大洋図書)、撮影前後に事故やトラブルなどに見舞われた映画を「封印発禁ダークゾーンVol.3」で執筆したレビューを適度にイジって再録した「実話裏歴史SPECIAL SPECIAL Vol.13」(大洋図書)も未だに発売されてますので、コイツらもヨロシクですっ!

高倉健さんファンは、「週刊実話」をご一読下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツ招待席㉝「クッキーシュークリーム」&「“とぅるりん”ぷりん」by『ペーパームーン スイーツファクトリー 北新地販売店』

夕方、仕事の打ち合わせ帰りに北新地の前を通ったので、『ペーパームーン スイーツファクトリー 北新地販売店』「クッキーシュークリーム」(税込250円)「“とぅるりん”ぷりん」(税込250円)を買って帰った。
店名を英語で書いたら、「Paper Moon Sweets Factory」やでっ!

ちなみに、オレは『ペーパー・ムーン』っていう、ピーター・ヴォグダノビッチがメガホンをとったライアン・オニールテイタム・オニールW主演の映画を大学時代に観ましたって…関係ないよな!
昔、松田聖子が歌った『一千一秒物語』の歌い出しは、「♪空にペーパームーン~♩」でしたねって…もぅえぇて!!

この『ペーパームーン~』って、本店は吹田の新芦屋店やけどな…。

Kimg0190

箱を開けると、ぷりん用のスプーンも付けられていてナイス!店によって、スプーンやフォークを付けてくれるところ、あるよなぁ~。

Kimg0191「クッキーシュークリーム」は、シュー生地のザクザク食感なリズミカルで良いよな。中に程よい甘さのホイップ&カスタードがギッシリ!これだけで十分な満足や!!

Kimg0192「“とぅるりん”ぷりん」やけど、添付のカラメルソースは、甘くて程よい苦味。
コイツをテッペンにかければ、甘さが強くなるどころか、ほのかな苦みが作用することによって、ミルクの優しい風味が引き立てられる。まさに、とぅるりん食感の滑らかさがさらに心地良いよね!

とにかく『ペーパームーン スイーツファクトリー』は、ぷりん&シュークリームをはじめ、ロールケーキやマドレーヌ、ダックワーズ、すべてが無添加かつ無着色で手作り!子供さんがオヤツや晩飯後のデザートで食う際も安心や!!

ちなみに、北新地店は周辺エリアであれば配達も可能。新地のクラブで盛り上がった際にオーダーしても良いし、店で直接買ってホステスのチャン姉に差し入れても良し!まぁ、それでチャン姉どもを口説き落とせるか否かは、野郎どもの腕次第やな(笑)。

「ペーパームーン スイーツファクトリー 北新地販売店」
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-11-17
TEL&FAX:(06)6345-6119

「ペーパームーン スイーツファクトリー 新芦屋店
大阪府吹田市新芦屋上23-2
TEL&FAX:(06)6877-5119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »