« 「週刊実話ザ・タブー」で“映画『ジャンク』の衝撃場面”執筆! | トップページ | ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 »

獣人雪男

東宝の特撮映画の第4弾として製作された超問題作。『ゴジラ』に続いて、宝田明と河内桃子がカップル役を演じた。もちろん、監督は東宝特撮映画のカリスマである本多猪四郎で、あの岡本喜八がチーフ助監督を担当!オマケに、特技監督担当の円谷英二は東宝映画専属になって間もない頃だったとのこと!!それゆえに、スゲェ貴重な1本なのである。

遭難しかけたK大山岳部員の飯島は、雪男を神と崇める村に住む娘チカに助けられた。そして、雪男を狙った悪徳興行師たちが部員の後をつけて村に乗り込んできた時、雪男がブチギレて人々を襲撃!

本編開始から約40分後に雪男が姿を現す。まぁ、ルックスは前頭部をハゲ散らかした類人猿って感じ(笑)。当然、雪男の暴れっぷりが見どころ。悪徳興行師の大場らが一儲けするべく、雪男を眠り薬で昏倒させ、檻に監禁してトラックで運搬。その際、雪男の子供が高所から檻に飛び移ってきたため、飯島らが銃殺!怒り心頭の雪男は檻から脱走し、大場らをトラックもろとも崖から突き落とす!!さらに、人間に対する復讐心を胸に秘めた雪男は、飯島のカノジョである道子を拉致する。この雪男…完全に凶暴なモンスターかと思いきや、チョット可愛そうな感じもするよね。

本作は、ソフト化やTV放送(CSなども含む)も非常に困難な封印作品=放送禁止作品として有名。問題のシーンは、チカたちが住む村の描写である。怒り狂った雪男が村を襲撃して炎上させるシーンをはじめ、本編中に“部落”というセリフが二度も登場するため、「差別を助長させるかも⁈」との意見もある。実際、故意に差別を描いているわけではないけどな…。でも、確かに同和問題に関する知識のある者にとっては、この村の特殊性が十分に理解できるハズだ。だからこそ、ヘンなトラブルを避けるために、あえてオクラ入りさせている感じやな。かつて、本作の海賊版VHSが出回ったらしいが、もちろん今となっては入手困難。それだけ、レアな傑作なのである。

|

« 「週刊実話ザ・タブー」で“映画『ジャンク』の衝撃場面”執筆! | トップページ | ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 »

日本映画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/68697205

この記事へのトラックバック一覧です: 獣人雪男:

« 「週刊実話ザ・タブー」で“映画『ジャンク』の衝撃場面”執筆! | トップページ | ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 »