« 獣人雪男 | トップページ | スイーツ招待席㊴「モンブラン」by『コカルド ラ・テラス』 »

ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団

円谷プロがタイのチャイヨー・プロダクションと組んで作り上げた激レアな劇場版『ウルトラマン』。ちなみに、スタッフの9割は日本人(ほとんどが円谷プロの関係者)。

太陽が地球に接近し、タイは花を枯らすほどの凄まじい猛暑に襲われた!同時に、雨も降らない状態に陥り、水不足に!!そんな折、インド神話に登場する白猿ハヌマーンの面を被った少年コチャンは、仏像強盗団に立ち向かったため、射殺された。勇気ある彼の行動を讃えたウルトラの母や6兄弟は、ハヌマーンの魂を与えて蘇生させた。その後、ハヌマーンとウルトラ6兄弟は、5匹の怪獣軍団と激闘を繰り広げる…。

あくまでも、本作の主人公はタイの国民的ヒーローであるハヌマーン。ウルトラ6兄弟は、彼の活躍をフォローするためだけの脇役的存在にすぎない。ハヌマーンは見事に仏像強盗団に復讐を果たし、太陽の神様に頼み込んで地球から遠ざけてピンチを救った。でも、強盗団を蹴散らす際のハヌマーンのセリフが子供向けの特撮作品にしてはチョイ過激(汗)。「殺す!」とか「仏様を大切にしないヤツらは死ね!!」って…教育に悪いっすね(苦笑)。

で、ある実験による爆破が地震を引き起こし、割れた岩盤からゴモラ、ドロボン、タイラント、ダストパン、アストロモンスが出現。ハヌマーンは怪獣軍団と激闘を繰り広げるも、案の定、5匹にボコられて大ピンチに…。そこで、ゾフィー兄貴、初代ウルトラマン、セブン、ジャック(帰ってきたウルトラマン)、エース、タローの6兄弟が救援にやって来た。ハヌマーンは彼らと組んで次々と怪獣どもを蹴散らす。が、最後のゴモラとの激闘がコレまたやり過ぎ!7人がBGM(OP主題歌「ぼくらのウルトラマン」)のメロディーに合わせて、ゴモラを取り囲んでボッコボコのリンチ制裁を食らわす。どう見ても、弱い者イジメとか生物虐待まんま!!まぁ、とにかく子供向け作品にしては、やり過ぎやね(笑)。

本作は過去にVHSとLDがリリースされたが、DVD&ブルーレイ化は未だ絶望的。それまでは円谷プロとチョイヤープロの関係は良好だったが、権利を巡ってトラブり、国際裁判に発展するほど関係が悪化したためだ。要するに、本作は円谷プロっていうか、ウルトラシリーズ最大の黒歴史的作品なのである。でも、なぜか'01年にアフレコを再録し、BGMを差し替えてのリバイバル上映を行っているが、以降は封印されている状態…。

ちなみに、本作の続編はウルトラマンを仮面ライダーに変更した『ハヌマーンと5人の仮面ライダー』(笑)。東映の許可を得ずに『五人ライダー対キングダーク』や『仮面ライダーV3対デストロン怪人』をモロにパクって、タイで撮影した新たなシーンを追加編集しただけの作品であるがゆえに、日本未公開の幻の封印映画になってしまったけどな…。

|

« 獣人雪男 | トップページ | スイーツ招待席㊴「モンブラン」by『コカルド ラ・テラス』 »

日本映画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/68713278

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団:

« 獣人雪男 | トップページ | スイーツ招待席㊴「モンブラン」by『コカルド ラ・テラス』 »