« 大幹部 無頼 | トップページ | 「レベル9 vol.24」でおバカAVレビューを執筆! »

無頼非情

ムードアクションを得意とした江崎実生がメガホンをとった『無頼』シリーズ第三弾。

“人斬り五郎”こと藤川五郎(渡哲也)は渡世の義理を理由に、沢田(葉山良二)を狙った。が、彼の妻・亜紀(扇千景)が心臓病を抱えていることから、五郎は殺しをためらったが、三木本の子分・新開(名和宏)に刺殺された。沢田組が壊滅したのが三木本のイカサマ賭博であることを知った五郎は、三木本の賭場から300万円を強奪するが…。

今回も五郎を取り巻くキャラを豪華スターが演じ、ストーリーに深みを与える。
三木本に嫌気がさして裏切った久保(郷鍈治)を弟分にした五郎はともに建設現場で働き、ホットドッグ屋台にイチャモンをつけるチンピラを蹴散らす。そこで、五郎は孤児だった頃の仲間で、ヤクザ上がりの土木会社の社長・相良(内田良平)と再会。
が、相良の嫁であるクラブ歌手のユリ(藤川リカ)の兄貴はヤクザの古賀(渡辺文雄)で、新開らとともに五郎を狙っていた!
五郎がホットドッグ屋台のオヤジの娘・ケイコ(松原智恵子)に惚れられるのは、定石通りの設定。
さらに、沢田の弟・健二(和田浩治)が兄貴の復讐のために五郎を狙うが、結局は自分の勘違いだったことを知って五郎に加勢する。

もちろん、見せ場のアクションも充実。
五郎が黒ドス片手にキレ味バツグンの格闘アクションを展開。
タイトルバックで渡が歌う「男の流転」が流れる中、五郎は大胆に賭場荒らしを繰り広げるなど、初っ端からカッコいい姿を披露。
後半は大胆な殴り込みで観る者を圧倒させる。
まずは、古賀&新開らに拉致された亜紀の救出&亜紀の身を守るべく殺された久保の復讐劇。
五郎・相良・健二がコイツらと凄惨な大立ち回りを展開するが、クラブで「夜霧の消えたチャコ」を歌い上げるユリの姿と交互に描く。
亜紀の救出に成功した五郎は病床で彼女の最期に立ち合い、相良から健二の訃報を聞いて涙…。
そして、クライマックスは古賀たちを蹴散らすべく五郎は単身で殴り込み!
格闘の際、工場内の棚からペンキ缶が倒れまくり、五郎らはペンキと血にまみれたグッチャグチャに!!

今回も、傷まみれで痛々しい姿の上に汚れまくった五郎の姿から、ヤクザ渡世の厳しさと汚さを映し出したのだ!

|

« 大幹部 無頼 | トップページ | 「レベル9 vol.24」でおバカAVレビューを執筆! »

日本映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/69546293

この記事へのトラックバック一覧です: 無頼非情:

« 大幹部 無頼 | トップページ | 「レベル9 vol.24」でおバカAVレビューを執筆! »