« ハリー奪還 | トップページ | 「週刊実話ザ・タブー」で“伝説の映画会社 カロルコ・ピクチャーズ傑作選”担当!映画レビュー執筆… »

太陽の恋人 アグネス・ラム

日本で70年代半ばから80年代初期に大活躍した中国系アメリカ人のモデル、アグネス・ラムの日常や素顔に迫ったドキュメンタリー映画。

ミュージシャンのPVやグラビア・アイドルのイメージ映像がほとんど皆無だった当時は、ドキュメンタリー映画を装ったプロモーション映画がチョコチョコ存在した。
'74年には東宝が『ハロー!フィンガー5』、東映が『フィンガー5の大冒険』を製作。
その翌年にアグネス・チャンのヒット曲を盛り込んだPV風の『アグネスからの贈りもの』を東宝が製作。
そして、コイツに対抗するかのような感じで'76年に東映が『太陽の恋人 アグネス・ラム』を世に放ったのだ!

ちなみに本作は、舘ひろし主演『男組 少年刑務所』&岩城滉一主演『爆発!750cc族』との併映だった(爆)。
ヤンキー&暴走族が題材のアクション映画+人気グラドルのイメージプロモの三本立てって…グラビアを飾るアイドルたちをズリネタにするような中高生のヤンキーを相手にしたラインナップやな(笑)。
彼女の色気に期待を抱いたヤンキーのチャン兄どもがアソコを少しモッコリさせながら劇場へ乗り込んでいったのでは?!というベタな想像ができるよなっ(苦笑)!

なかなかの巨乳、グラマラス・ボディーの彼女がビキニ姿でビーチを突っ走り、海水浴に興じる。
とにかく、元祖グラドルと呼ばれる彼女の魅力を追求しているだけに、ビキニ姿のシーンがトコトン楽しめるぞっ!特に、太陽に照りつけられた彼女の褐色の美肌なんて、超健康的でセクシー!!
さらに、オープンカーで公道をブッ飛ばし、愛犬と戯れ、テニスや乗馬にショッピングを楽しむ。これらのプライベート映像みたいなシーンなんて、当時のファンにはたまらんほど嬉しかったハズ。
中盤で女性インタビュアーが3サイズや「ボーイフレンドいるの?」といった質問を投げかけ、彼女が恥じらう様子なんて、メチャ初々しいっす。

30分足らずだけど、彼女の魅力と適度な色気をグイッと凝縮させた激レア映画。
かなり前に数量限定でDVDがリリースされたが、既に廃盤で入手超困難だからこそ、プレミア度はメチャ高い!

|

« ハリー奪還 | トップページ | 「週刊実話ザ・タブー」で“伝説の映画会社 カロルコ・ピクチャーズ傑作選”担当!映画レビュー執筆… »

日本映画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/69661024

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の恋人 アグネス・ラム:

« ハリー奪還 | トップページ | 「週刊実話ザ・タブー」で“伝説の映画会社 カロルコ・ピクチャーズ傑作選”担当!映画レビュー執筆… »