« 「週刊実話」で平成のピンク映画特集を担当、映画レビュー執筆! | トップページ | 太陽の恋人 アグネス・ラム »

ハリー奪還

『暴力脱獄』や『ブルベイカー』などでお馴染みのスチュアート・ローゼンバーグ監督が、製作上のトラブルのためにアラン・スミシー名義でメガホンを取ったコマンド・アクション。

麻薬テロリストによって、鉄管技師ハリーと米国大使館は拉致された。ハリーの弟コーリーらは救出作戦を実行するが…。

コーリーらは戦闘スキルが皆無のド素人。そこで、彼らは雑誌広告で傭兵を募集し、ロバート・デュヴァル扮する元軍人・シュライクを採用する。コーリーらを引っ張るリーダー的存在であるハズのコイツは、なんと!中盤の銃撃戦でメッタ撃ちにされて死亡(爆)!!戦闘経験者にも関わらず、役立たずなオッサンだったってわけ(苦笑)。
結局、コーリー率いるアマチュアコマンドが敵地に乗り込み、大勢のゲリラ部隊を銃器をガンガンとブッ放して一掃。さらに、タバコとガソリンを巧みに使った大爆破でドカンと盛り上げる。コレぞド素人ならではの知恵を振り絞ったアイデアが功を奏した名シーンだ!

ハリー&コーリーやシュライク以外のキャラにも注目!元イーグルスのメンバーでソロ歌手としても活躍したグレン・フライがコーリーらをサポートするべくガン・ファイトを披露。
映像作品の出演はメチャ少なかったがゆえに、彼の劇中での活躍ぶりは今となっては激レア。
て言うか、人気歌手だからこそ、もっと良い映画に出まくった方が良かったんじゃないのか…?!
オマケに、彼が歌う「Working Man」が挿入歌として使用されている。
そして、何といってもサイコーにいい味を出しているのがゲイリー・ビジー扮するジャック。チョイとニヤニヤ顔のアホみたいな陽性なキャラだからこそ、観る者の印象に残ること間違いなし(のハズ…)。本来の主人公であるコーリーを喰っのは、ビジー&デュヴァルってコト。まぁ、コーリー役のマイケル・シューフリングなんてこの2人に比べたら超マイナー役者だから、当然だな。

ド素人による人質奪回作戦の紆余曲折ぶりを描いた本作は、そのユニークな設定とB級丸出しのアクション演出などが面白い珍作だ。
ちなみに、原案は映画監督や役者としても活躍したサミュエル・フラー!そう言われてみれば、チョイ変わったB級映画を撮っていただけに、コイツが考えそうな内容だな~ってことに納得(笑)。

|

« 「週刊実話」で平成のピンク映画特集を担当、映画レビュー執筆! | トップページ | 太陽の恋人 アグネス・ラム »

外国映画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/69658072

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー奪還:

« 「週刊実話」で平成のピンク映画特集を担当、映画レビュー執筆! | トップページ | 太陽の恋人 アグネス・ラム »