« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

スイーツ招待席㊺「まったりプリン」by『元祖プリン屋 道頓堀御堂筋店』

2年前にも食った「まったりプリン」を再び食った。

今から4年前の1月に道頓堀の御堂筋通りにオープンした直営販売店の『元祖プリン屋』は、「まったりプリン」一筋にトコトンこだわっており、メディアでの紹介も数知れずなんですわ…。

で、本年の3月7日には、日本橋=ポンバシのオタロード(所謂、“大阪のアキバ”とか“西の秋葉原”)に2号店がオープンしたんです。

「まったりプリン」(350円)20170617_162405

20170617_162506買って速攻、車の中で食った。

とにかく、品名通りのまったりした、優しく、滑らか、柔らかな口溶け感が最高。

こだわりの卵、牛乳、砂糖のみで作られており、素材のほのかな風味、しっかりとしたインパクトのある甘さが絶妙。

プリンって、底部にカラメルソースが張られているけど、コレはカラメルソースどころか、ゼラチンも未使用。でも、メチャうまい!

プリンの自然体の美味しさを味わえるのだ!!

まぁ、関西圏にお住いの方はもちろん、他府県にお住まいの方でも道頓堀やポンバシを訪れた際は、ぜひとも一度食ってみてください。

ウェブでも通販あります。6ヶ入りで2,100円、12ヶ入りで4,200円です~。

『まったりプリン 道頓堀御堂筋店』
大阪市中央区道頓堀1-9-17 (はり重カレー左となり)
TEL:050-5868-7086

『まったりプリン 日本橋オタロード店』
大阪市浪速区日本橋3-8-20

まったりプリン一筋 元祖プリン屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レベル9 vol.26」で“1980~90年代アイドル映画で輝いた女神たち”担当!映画レビュー執筆!!

昨日発売された「レベル9 vol.26」(ミリオン出版)で、“1980~90年代アイドル映画で輝いた女神たち”という特集記事を担当しました。

アイドル全盛期で私が生まれた'82年にデビューした所謂“花の82年組”から中森明菜小泉今日子らの主演映画、薬師丸ひろ子原田知世ら角川三人娘の角川映画、おニャン子クラブ関連、私が中学の頃に上映されていた“ぼくたちの映画シリーズ”、さらにモーニング娘。ら90年代末期の映画まで、幅広く30本を一気に取り上げました。
ちなみに、扉ページを含めて、計9ページですわ…。

まぁ、80年代のアイドル歌手で映画出演(特に主演作)した方は、ほぼ全員取り上げてるので、興味ある方はご一読下さい。

同日に発売された「週刊実話」(日本ジャーナル出版)では、エロパロ映画を10本取り上げてネタにしました。

そして、菅原文太主演の東映ヤクザ映画を10本取り上げた「週刊実話ザ・タブー」、昭和のピンク映画を10本取り上げた袋とじ企画が掲載されている「封印発禁TV DX’17炎の夏!超拡大号」(ミリオン出版)も絶賛発売中ですので、あわせてヨロシクです。

それにしても、エロパロ映画とアイドル映画って…なんかヤバいヤツと化してるみたいで、恐ろしいっす(汗)。原稿は同時期に取り組んでいて、〆切も重なってたもんで…。

とにかく興味ある方は、コンビニや書店へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊実話」で“笑える!ヌケる!パロディーポルノ映画選手権”担当!映画レビュー執筆!!

本日発売の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)で、“笑える!ヌケる!パロディーポルノ映画選手権”と題し、有名映画や海外ドラマのエロパロディー映画を10本取り上げ、レビューを執筆しました。

要するに、エロパロ映画ってヤツやね!映画というよりも、ぶっちゃけて言えばAVですわ…。

エロパロって、一部の間では人気あるらしい…。昔から、いろんな雑誌でも特集組まれてたけど、まさか私がエロパロをネタにするとは…思わんかった(笑)。

取り上げた作品は、エロパロ映画の名門的メーカーであるコンマビジョン社からリリースされてるヤツのみ。例えば、私のお気に映画である『エクスペンダブルズ』をパロった『エクスペンシャブルズ』とか、『プラダを着た悪魔』『ブラだけ着た悪魔』とか…。邦題をエロいダジャレにしてるのが、チョイ笑えたりするってトコやな。

まぁ、オリジナルの映画を知っている方はもちろん、知らん方もエロだけに期待したいとおっしゃる方にオススメのエロパロ映画。興味ある方は、本日発売の「週刊実話」をご一読下さい…。

また、菅原文太主演の東映ヤクザ映画を10本取り上げた「週刊実話ザ・タブー」、昭和のピンク映画を10本取り上げた袋とじ企画が掲載の「封印発禁TV DX’17炎の夏!超拡大号」(ミリオン出版)も未だに絶賛発売中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「封印発禁TV DX’17炎の夏!超拡大号」で“昭和ピンク映画袋とじスペシャル企画”担当!映画レビュー執筆

現在発売中の「封印発禁TV DX’17炎の夏!超拡大号」(ミリオン出版)にて、“昭和ピンク映画袋とじスペシャル企画”と題し、昭和のピンク映画を10本取り上げました。

取り上げたピンク映画は、日活ロマンポルノ以外の独立プロの作品ばかりで、井筒和幸の映画監督デビュー作『ゆけゆけマイトガイ 性春の悶々』もネタにしてます…。

まぁ、今回は袋とじなんで、中身を立ち読みするのは不可能ですので、興味ある方のみで構いませんので、ご購入を!コンビニ、一部書店、WEBで…。

また、菅原文太主演作を取り上げた「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)も現在発売中ですので、コチラもどうぞヨロシクっす!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »