« 「週刊実話」で“読書の秋を映像で楽しむ 官能小説AVの世界”担当、AVレビュー執筆! | トップページ | 「週刊実話」で“女体が艶めく 昭和エロスの垂涎痴態”担当、AVレビュー執筆! »

「週刊実話」で“『アウトレイジ 最終章』公開記念 北野武監督アウトロー映画傑作選”担当、映画レビュー執筆!

本日5日発売の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)にて、“『アウトレイジ 最終章』公開記念 北野武監督アウトロー映画傑作選”と題し、ビートたけし=北野武監督がメガホンを取った映画を8作品取り上げて、レビュー(短評)を執筆しました。

カラー3ページで、1ページ目に北野監督の最新作にして、シリーズ最終作『アウトレイジ 最終章』が丸ごと掲載されてます。で、2ページ目に前二作(シリーズ第一弾『アウトレイジ』とその続編『アウトレイジ ビヨンド』)、3ページ目に監督デビュー作『その男、凶暴につき』などアウトローやバイオレンスが題材の6作品って感じで構成されてます。

北野映画、おもろいっすね!オレは三度の飯よりヤクザ映画が好きやけど、北野監督が描くヤクザモノって、東映ヤクザ映画や日活ニューアクションのヤクザモノ、Vシネマとは一味も二味も違うんですわ。それにしても、『アウトレイジ』シリーズ、メチャ最高や!!

話は変わるけど、「週刊実話」や月刊誌の「週刊実話ザ・タブー」で昭和のスター俳優を何人か取り上げて映画ネタ特集を執筆して来たけど、つい最近は映画監督にスポットを当てて取り組んでる感じやね。取り上げた役者サンは、石原裕次郎高倉健菅原文太松方弘樹勝新太郎安藤昇。で、監督サンは、友松直之石井輝男、そして北野武(ビートたけし)。みな、スゴい方々ばかりやな…。

て言うことで、北野監督作品を取り上げた「週刊実話」、ご一読下さい。また、石井輝男監督のカルト作を取り上げた「週刊実話ザ・タブー」もヨロシクです。北野監督と石井監督、作風は全然違うけど、日本映画界に多大な功績を残しているのは同じやな!

また、さらに、放送禁止の海外映画&怪死したAV女優に関するネタが掲載されている「封印発禁TV DX 前人未到!超拡大号」(ミリオン出版)、薬師丸ひろ子ら“角川映画三人娘”を取り上げた「実話裏歴史SPECIAL SPECIAL vol.16」(大洋図書)、80年代から90年代のアイドル(一部、アイドルと呼ぶに相応しくない者もいてるけど…)が主演したB級映画を取り上げた「封印発禁TV サマーアクション・シリーズ」(ミリオン出版)、様々なプロレス映画30本をネタにした「NumberPLUS プロレス総選挙2017」(文藝春秋)も相変わらず発売中です!

そう言えば、「週刊実話」の3ページ特集、2週連続で発売でしたわ。先週はAV作品でしたけど(笑)。

|

« 「週刊実話」で“読書の秋を映像で楽しむ 官能小説AVの世界”担当、AVレビュー執筆! | トップページ | 「週刊実話」で“女体が艶めく 昭和エロスの垂涎痴態”担当、AVレビュー執筆! »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64198/71893839

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊実話」で“『アウトレイジ 最終章』公開記念 北野武監督アウトロー映画傑作選”担当、映画レビュー執筆!:

« 「週刊実話」で“読書の秋を映像で楽しむ 官能小説AVの世界”担当、AVレビュー執筆! | トップページ | 「週刊実話」で“女体が艶めく 昭和エロスの垂涎痴態”担当、AVレビュー執筆! »