« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

「週刊実話ザ・タブー」で“若山富三郎&勝新太郎 異色時代劇で無頼兄弟が吠える!”担当、映画レビュー執筆!!

本日発売の「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)で、“若山富三郎勝新太郎 異色時代劇で無頼兄弟が吠える!”と題して、若山主演『子連れ狼』シリーズ全6作、勝新主演『御用牙』シリーズ三部作を取り上げて、ネタにしました。カラー4ページです。

今年も残り少なくなってきましたが、1月発売の同誌でも勝新太郎の大映時代の任侠時代劇映画『駿河遊侠伝』シリーズなどを取り上げては短評を執筆しました。ということで、勝新さんはコレで2度目ですが、彼の実兄・若山サンを大きく取り上げたのは、今回が初です。
いずれも勝新率いる勝プロダクションのアクション時代劇で、小池一夫が原作を手掛けた劇画の実写化です。
当然、エログロ描写も強烈で、血しぶきが飛散しまくります。このご兄弟の殺陣も最高です!
特に、『子連れ狼』シリーズは海外でも超人気で、クエンティン・タランティーノら映画人も多大な影響を受けたほど!!

若山&勝兄弟のファン、『子連れ狼』&『御用牙』ファンは、ご一読下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊実話」で“新世代ピンク映画”特集を担当、映画レビュー執筆!

昨日11月30日(木)に発売された「週刊実話」(日本ジャーナル出版)にて、“新世代ピンク映画9選”と題し、カラー3Pでピンク映画の短評を執筆させて頂きました。

今回のピンク映画は、大蔵映画のOPピクチャーズ!今年の夏もOPピクチャーズのフェスが開催されていたけど、過去にこのイベントで公開された作品が最近になって続々とDVD化されてるということで、取り上げた次第です。

有名AV女優さんの作品もございます!ピンク映画も新たな世代を獲得するべく、色々と工夫してるんですよ…。

というわけで、興味ある方のみ、ご一読下さい。

また、通好みのホラー映画をネタにした「主観実話ザ・タブー」も発売中です!
それにしても、どちらもマニアックでヤバいよなぁ~(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »