日本映画 か行

現代やくざ 与太者の掟

『現代やくざ』シリーズと言えば、第六弾『人斬り与太』が東映実録路線の“ハシリ”として東映やくざ映画ファンの間で語り継がれる重要作。『与太者の掟』は記念すべきシリーズ第一弾で、なんと菅原文太の東映初主演作としても貴重な一作。

ムショ帰りの愚連隊・勝又五郎は、スリの被害に遭って電車賃を払えなかったところを荒尾組の福地に助けられる。後に勝又と福地は兄弟分の契りを交わすが、勝又と手下どもが荒尾組のシマを無視したことから、2人は対峙することに・・・。

いくら“現代やくざ”とは言え、着流し姿の主人公をスーツ姿に変え、仁義や義理人情をネタにした任侠路線を踏襲。まぁ、当時はまだまだ高倉健や鶴田浩二の任侠路線が主流だったからね。

『仁義なき戦い』のイメージが焼き付いている方が「文太が愚連隊を演じる!」と聞けば、義理や仁義もない狂犬やくざとして暴れまわるシーンを連想するだろう・・・。でも、本作で文太演ずる勝又は、悪辣なやくざに絡まれている女性を助け、電車の中では子持ちの母親に座席を譲らせるべく競馬狂のチンピラどもにマジギレするなどナイスガイぶりを発揮!そうかと思いきや、パチンコで思うようにいかなければ台を叩いてブチ切れるなどチンピラっぽさも発揮。東映が文太を新たな主役級スターとして押し上げると同時に、従来の任侠映画のスタイルを打破しようとしていたのだろう。

クライマックスは、勝又が義理や仁義を欠いて私服を肥やす悪親分とその配下に真っ向勝負を挑む。拳銃をブッ放し、弾丸がなくなればドスで斬りつける。勝又は白いコートを血で染めながらも容赦なく相手をブッ殺し、斬られたチンピラどもはオデコや首筋から大流血。単身で大勢の野郎どもを相手に命と身体を張って暴れる勝又=文太の姿・・・男ならシビレること請け合い!

文太の男気と血生臭いバイオレンス・アクションが炸裂する傑作やくざ映画だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くノ一忍法帖 (Vシネマ)

山田風太郎のエロ系時代劇小説を実写化って…昔は東映でも彼の原作を『くの一忍法』とか『くの一化粧』と実写映画化してたよなぁ。でも、コレは劇場用映画ではなくてVシネマなんです!

元和元年。落城間近の大阪城から4人のくノ一が脱出!4人は豊臣秀頼の子を宿しており、コレを知った徳川家は豊臣家の血筋を絶つべく伊賀忍者を差し向けた。くノ一と伊賀忍者の忍法合戦の火蓋が切って落とされた!!

ミニスカ&網タイツのセクシーなくノ一が魅力的。オマケに大胆に脱ぎまくるもんだからなおよろしい。ちなみに、いぃオッパイを曝け出してくれるのは、葉山レイコや小松みゆきたちです!水野美紀も出てるけど、脱いでません(笑)。まぁ、随所にエロ描写が散りばめられているから目の保養にいぃっす。でも、R-15指定作品なだけに大胆なセックスシーンはありません!!せいぜい、男がオッパイを舐めまわすぐらい(苦笑)。

劇中で繰り広げられる数々の忍術はユニークだけど、中でも“忍法やどかり”は劇中でもっともエロい。2人の女が座った状態でお互いに向き合って(セックスの体位でいうところの座位ってヤツやね。)、自分の子宮に宿る胎児を相手の子宮に移し替えるってヤツ。七色の光が2人を照らしつけてヤッてしまうシーン、ストリップのレズビアンショーみたいでエロくておバカやね(笑)。

優れたジャンプ力、野郎忍者をカンタンに刀で蹴散らすくノ一など適度なアクションとエロ、荒唐無稽な忍術がB級感丸出しの傑作。この第一弾が好評だったため、続編がゾクゾクと作られました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東流れ者

『無頼』、『大幹部』、『前科』に続く渡哲也の新シリーズ『関東』三部作の第一弾で監督は日活ニュー・アクションの旗手・小澤啓一。

義理人情を重んじる昔かたぎの立花組で男を磨いた滝村周次(渡哲也)は、縄張内のナイトクラブでかつての弟分・次郎が暴れているところを丸く収めた。だが、次郎は立花組長を襲撃し、周次は組長を守るべく次郎を刺殺。4年間のムショ暮らしを送ることになった周次は、立花組長が暗殺されたことを知る。周次が仮釈放されたときには、街もすっかりと変わり果てていた。それどころか、信用していた叔父貴や兄貴分が勢力拡大する極悪暴力団・侠友連盟に寝返っていた。立花組再建に向けて立ち上がる周次を消すべく侠友の阿部が殺し屋の白土を差し向ける。周次は親分殺しの連中に復讐するべくドスを片手に大暴れ!

裏切り者となった叔父貴や兄貴分を容赦なくドスで斬りつける周次。一方、侠友サイドも周次の弟分である淳や集団就職で上京してきた実弟・洋に危害を加えて周次をおびき出す。クライマックスは、洋を人質に取る侠友連中を相手に周次が単独で決戦に挑む。ドスを片手に襲い掛かる三下ヤクザを蹴散らし、洋をフォローしつつハードな立ち回りを見せる周次。親分殺しの真犯人である白土を刺した周次は、ラスボス阿部との最終決戦を前に駆けつけてきた警官どもに取り押さえられる。だが、ワッパをかけられていない周次は、目と鼻の先にいる阿部を刺殺して復讐を成し遂げる。

脇を固める役者陣も要注目。南原宏次、青木義朗らが悪役を演じ、原田芳雄も出番は少ないながらも強烈な印象を与える。中でも沖雅也扮する洋の存在は大きい。兄貴・周次がムショに入ってからは職場でヘンな目で見られることに耐えかねて退職し、夜の世界へデビューし、挙句の果てにはヤクの売人までやらされてしまうという落ちっぷり。丘みつ子扮する立花組長の娘ゆきは周次の身を心配しつつ、最後のバトルシーンではオヤジ譲りの義侠心をスパークさせて周次のピンチを救うべく侠友の連中を銃撃。

主題歌は渡哲也歌唱の「関東流れ唄」。放送禁止の要注意曲としても知られているこの曲は、続編『関東幹部会』&『関東破門状』でも引き続き使用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼鉄の巨人 スーパージャイアンツ

新東宝が手懸けた国産初の特撮ヒーロー映画で、シリーズの記念すべき第一弾。監督は、後にカルト的作品や『網走番外地』シリーズを世に送り出す石井輝男。

原水爆実験禁止を目的にエメラルド彗星から地球に送り込まれたスーパージャイアンツ(宇津井健)が原爆用ウラニウムをめぐってアトムAB団と対決する…というお話。

特撮作品ならではの怪獣や怪人といったモノは出てこず、悪党はギャング風のヤツらばかり。中には外国人もいる。序盤の会議シーンに出てくる宇宙人連中だけは、特撮作品らしさ満点で、そのルックスもユニーク。

スーパージャイアンツが悪党連中を蹴散らす格闘シーンが見所で、殴る蹴るだけでなく、宙を舞い、フェンシング風のサーベル対決等が印象深い。

また、敵がブッ放すピストルも効かない、子供たちの前で拳銃をひん曲げるというスーパーマンぶりも忘れ難い。

チョイ可笑しいシーンと言えば、ミスをして拘束されている敵のオッサンをスーパージャイアンツが子供の行方を聞き出すシーンだ。オッサンの下唇からの出血をハンカチで拭い、頭を撫でながら丁寧な言葉使いで優しく説得する。オッサン相手に頭撫でてるのがチョイ笑えるぞ!!これが子供や若い女性相手ならごく普通だが、オッサン相手だからなおさら面白いよな。このシーンを観れば、スーパージャイアンツはホントに心優しき正義のヒーローだと実感できる!!よくありがちな敵に暴言を吐いて暴行を喰らわせてではないからね!!

スーパージャイアンツの股間モッコリ&乳首スケスケも面白いが、随所にいろんな見所があるのが良いね!!

それにしても終わり方が中途半端過ぎ!!今となってはこんな終わり方をする作品も珍しいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒い牝豹M

70年代、東映ピンキーバイオレンス作品で杉本美樹と人気を二分した池玲子が唯一出演した日活作品。監督は蔵原惟二。

女殺し屋コードネームM(池玲子)が速水興業社長(成田三樹夫)暗殺の任務をやり遂げるまでを描く。

主人公Mは多良間流空手とナイフ状手裏剣を武器に、読唇術も身につけているスゴ腕の女殺し屋。なおかつ、劇中ではバストもしっかりと曝け出し、敵の一人が彼女を殺す前に良い思いをしてやろうと言わんばかりに抱きしめて「良い体してるな…」と言うほどのイイ女ぶりも発揮!!さすが東映ポルノ女優&ロマンポルノ量産中の日活と思えるような納得できるシーンはこれぐらい。エロいシーンは、ほとんど控えめなのである。

見所は、池玲子が披露する空手仕込みのアクションと少々グロくて血生臭いバイオレンスだ。クライマックスでMが敵連中の拳銃ブッ放し攻撃と執拗な追跡をかわしながらも蹴散らしていくシーンは、大いに楽しめる見せ場だ!!

池、成田をはじめ、今井健二、石橋雅史、木島一郎、高橋明、桂小かん…日活と東映が入り乱れたキャストもユニークであると同時に、わずかなポルノテイストと当時の娯楽映画のブームであった空手を取り入れた本作こそ今となっては70年代テイストを満喫できるB級アクション映画であることを実感できるのだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御用牙

「ヤングコミック」に連載され、人気を博した小池一夫原作の同名時代劇劇画を三隅研次監督が映像化。北町奉行所勤務のアウトロー的一匹狼の同心で“かみそり半蔵”の異名をとる板見半蔵を勝新太郎が扮し、勝自身が原作に惚れ込んで自身の勝プロで製作した。豪放磊落な半蔵のキャラクターは勝新太郎自身のイメージと見事にマッチしている。

原作でも描かれた「座禅ころがし」を本作でもしっかりと再現しており、一つの見所となっている。女に座禅を組ませてうつ伏せになるように蹴り倒し、背後から女性器に男根を挿入して突きまくるのだ!!半蔵は自身の男根を武器とし、女を性の快楽へと導かせた上で自白させるこれを必殺技とする。そのため、半蔵は自身のポコチンを棒で叩いたり、米俵にブスりと突き刺して腰を振って鍛え上げているのだ!!このシーンだけでもインパクトが強烈過ぎで、観る者の脳裏に焼きつけさせる。

エロい見せ場も多いが、勝新太郎が敵を相手に大いに暴れまくる見せ場のアクションがしっかりと用意されており、アクション時代劇として存分に楽しめる出来栄えだ!!勝プロ製作&70年代劇画原作時代劇アクションならではのハードコアな流血残酷バイオレンスもしっかりと堪能できる!!

半蔵の性の生贄となる朝丘雪路に渥美マリ、『兵隊やくざ』シリーズで勝とタッグを組んでいた田村高広とのバトル、半蔵の十手で鼻を潰されて痛々しい顔面を曝け出す石橋蓮司、大阪弁の滑稽なやりとりに名物ハリセン攻撃をチャッカリと披露して観る者をクスりと笑わせるチャンバラトリオ…脇を固める名優の存在も要注目だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拳銃残酷物語

大藪春彦の原作を古川卓巳監督が映像化したクライム・サスペンス・アクション。主演の宍戸錠は、本作の前年に同じく大藪原作の鈴木清順監督作『野獣の青春』でハードボイルドに挑戦し、新境地を開拓していた。

妹・梨枝(松原智恵子)を交通事故で一生車椅子生活にさせた男を同じ目で仕返してムショ送りになった登川が出所。その彼にある男が日本ダービーの売上金を積んだ現金輸送車襲撃を襲撃し、一億二千万円の大金を強奪するという計画を持ちかける。妹の治療費を稼ぐことを目的にこの計画を引き受けた登川は、昔からの友人である白井(小高雄二)、寺本(草薙幸二郎)、岡田(井上昭文)の三人の仲間と作戦を実行。大金強奪計画は成功したが、その後、仲間割れが生じ、壮絶なバトルが展開される。

元ネタがスタンリー・キューブリック監督の名作ギャング映画『現金(げんなま)に体を張れ』をモデルにしていることが丸わかりのストーリー。第一の見せ場である現金輸送車襲撃シーンまではクライム・サスペンス劇。本作の面白さを最大限に発揮するのは四人の仲間割れ以降。登川は組織からタダ利用されただけと知ってからは、登川の組織に対する復讐劇が描かれ、凄まじい銃撃戦という見せ場が観る者をしっかりと楽しませてくれる。

モノクロ映像で50年代のアメリカ製ギャング映画を彷彿させる世界観は、実にクールでスタイリッシュだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原児

工事現場の射撃大会で優勝した若き現場監督の岬健次(小林旭)は、好意を寄せている看護士の伸子(浅丘ルリ子)から弟の牧場がピンチに陥っていると聞いて大分へ帰郷。伸子の兄・五郎は七年前のある事件で失踪し、この真相を探るべく五郎になりすました健次は、やがて高山牧場オーナー(二本柳寛)と観光建設会社の花田(金子信雄)によるスズラン牧場を巡る陰謀に立ち向かうのであった。

射撃の腕前、ギターを弾きながら歌う、殴る蹴るの格闘アクションというようにアキラのスター性を全面に押し出しているが、アキラ以上に存在感があるように思えるのは、郷鍈治扮するクレージー・ゲーンだ。黒ずくめのガンマン衣装に身を包んだゲーンは、本場ウエスタンの悪役ガンマンそのもの。ゲーンと健次のライバル心剥き出しの射撃腕試し、後に芽生える男同士の友情も見逃せない。

舞台である大分の緑いっぱいの大自然で印象深いアクションが繰り広げられる。まずは、馬に乗った健次がムチをビシビシと叩きつけて追ってくる敵連中を痛めつけ、馬から飛び降りてさらに殴って蹴って撃退。次は花田から“装い五郎”の健次を五郎本人なのかを試すべくジープを100キロで走行させるが、敵連中のトラックが突然現れたために急斜面の山道からジープが転落(当然、健次は助かる)、クライマックスは花田・高山連合軍の人質となった五郎の嫁、息子、伸子を救出するべく健次とゲーンが牧場内で繰り広げる大銃撃戦。本場ウエスタンを意識したこれらのアクションこそ日活無国籍アクションの持ち味であり、観ていて普通に楽しめるのだからよろしい!!

明かされる七年前の真相、花田が健次を殺すべく三人の殺し屋を採用するシーンのコミカルさ、本作がデビュー作となる高橋英樹の演技(出番は序盤だけ)も注目すべきポイントなのである。

高原児 [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

影狩り ほえろ大砲

東宝と石原プロが製作したさいとうたかをの人気劇画の実写化第二弾。監督は前作同様に舛田利雄。

禁じられている大砲を作っている豊後は佐伯藩。発覚すれば、当然お家断絶となってしまう。そんな中、公儀より大砲攻めの知らせが入り、幕府が派遣する隠密=影が暗躍し始める。城代家老は、これに対処するべく十兵衛(石原裕次郎)、月光(成田三樹夫)、日光(内田良平)の三人の素浪人から成る影狩りを招く。彼らは、影たちの執拗な攻撃を乗り越えながらも大砲を守り抜くが、幕府と家老との間に密約が結ばれ、ピンチとなるが……。

前作以上にアクション面が強化され、面白さに益々磨きがかかった第二弾。序盤より爆破シーンが用意される。そして、中盤を過ぎたあたりで矢が飛び交い、三発の爆破が観られる見せ場が用意され、クライマックスでは前作でも観られた斬られるや噴水のように噴き出す血飛沫に加え、鉄砲隊による銃撃、大砲による爆撃といった見応え抜群のダイナミックなアクションが用意されているのだ!!最後の最後は、敵に撃たれて負傷した美也(夏純子)と大砲を一緒に爆破させてしまうのだ!!これらの派手なアクション演出は、さすが石原プロだと頷ける。

特筆すべき珍シーンと言えば、序盤で十兵衛=裕次郎が一人で露天風呂に入っていると、一人、また一人と次々と女たちが出現し、混浴状態となる。しかも、美女(?!)と野獣状態。実はこの女たちは影のくの一であり、裕次郎を殺めようと攻撃を仕掛ける。もちろん、裸体を曝け出してだ!!こんな色仕掛け(ではないが)に目を眩ませずに容赦なく斬り殺す裕次郎!!ルックスこそ男臭さ100%なのに、この行動ぶりと来たらまさに真の男、いや漢なのだ!!

前作にも出演した丹波哲郎をはじめ、本格的な演技初挑戦のカルーセル麻紀(役名も牧=マキだからわかりやすい!)も要注目だ!!

ほえろ大砲…本作公開の三ヶ月前には、裕次郎主演の大人気TV刑事ドラマ『太陽にほえろ!』がスタートしていたのであった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

影狩り

「週刊ポスト」にて連載されていたさいとう・たかをの人気劇画を石原プロと東宝の製作で監督・舛田利雄、主演・石原裕次郎という日活アクション黄金期の名コンビで実写映画化された。

弱小藩を潰す幕府の公儀隠密“影”に怨念を抱く三人の男=室戸十兵衛(石原裕次郎)、月光(成田三樹夫)、日光(内田良平)から成るシャドーハンターズ、いや、“影狩り”が幕府の陰謀に挑むというお話。

1972年に製作・公開された時代劇劇画を原作とした時代劇アクションと言えば、若山富三郎の『子連れ狼』シリーズ、勝新太郎の『御用牙』三部作と石原裕次郎の『影狩り』二部作だ。いずれも荒唐無稽な作風が一部の者にウケ、現在でも語り草となっている。中でも『子連れ~』は、スプラッター感覚の大流血やマカロニウエスタン風のアクションが最大の魅力と言え、海外でも高評価を得た。

『影狩り』でも手首や頭部が景気よくフッ飛び、プッシュ~と血飛沫が噴き出したりといった『子連れ~』同様の描写が目立ち、強烈なインパクトを与える。

スプラッター感覚の残酷描写やソードアクションはもちろんのこと、女性の半裸体が観られたりとエロスの見せ場も用意されており、娯楽性は充実している。

それにしても石原裕次郎のルックスがトンデモナイ!!なんと、髭ヅラで顔色もドス黒っぽく、異様にギラギラしていてちょいと怪しげな感じなのである。これまでの裕次郎の雰囲気を一気に覆したのだ!!でも、コレが男臭さを十分に醸し出しているのは確かであり、タフガイと呼ばれた男にとっては最も相応しいと捉えても良いと言いたい。いや、そう言い切りたいのだ!!

ちなみに、裕次郎にとっては本作が最初で最後のシリーズ物なのである。日活映画では小林旭を筆頭に赤木圭一郎、高橋英樹、渡哲也ら人気スターのシリーズ物が存在したが、裕次郎だけは例外で日活でのシリーズ物は一つも作られなかったのだ。裕次郎初のシリーズ物という点で言えば、この『影狩り』は記念碑的作品なのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧